JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

MONTESARO TRUNK SHOW

こんにちは。

 

今週末4/13(金)・14(土)・15(日)の3日間、モンテサーロのオーダー会を行います。

今回のオーダー会から、選べる襟型をさらに増やしました。

また、前回のオーダー会からですが、袖やヨークのいせ込みの分量も調整できる様になりました。

それゆえ、オーダーではかなり色々なバリエーションの物を仕立てることが出来ます。

 

既製品ではシャロンのいわゆるオーセンティックなモデルが並びますので、自分らしいカスタマイズがお好きな方にはとても良いイベントです。

そこで、参考までにこれまでにスタッフが作った物をご紹介いたします。

 

ドレスシャツ

写真 2018-04-12 12 15 39

170双糸のモンテサーロバンチからピックアップ。

中々柔らかくて肌触りが気持ちいいです。

 

写真 2018-04-12 12 30 26

背中はヨークにいせ込みが大量に入るため、かなり動きやすくなります。

また、背中にダーツが入らないのがハウススタイル。

 

写真 2018-04-12 12 34 25

ネイビーのロンストは既製品でもあまり扱わないので、セレクトしました。

ボタンは最も高級な白蝶貝の平ボタン。

片手でも外しやすいです。

縫い方は「鳥足」が基本。

 

写真 2018-04-12 12 20 52

ドレスシャツなので、襟は2ミリのキワステッチに。

こちらの方がドレッシーで、襟が綺麗に見えます。

 

写真 2018-04-12 12 15 50

肩付けは、通常通り多めのいせ込みにしました。

 

ボタンダウン

写真 2018-04-12 12 12 56

モンテサーロ持ち生地バンチから、シャンブレーの様に見えるデニムをセレクト。

 

 

写真 2018-04-12 12 22 35

襟型は既製品では恐らく絶対出てこないであろう、ボタンダウン。

ちなみにこちらはえり先の長いロングポイントタイプ。

タイドアップの際にボタンを外して着る遊びを意識しました(笑)。

ステッチもBDなので5ミリにしてカジュアル感を。

 

写真 2018-04-12 12 13 09 (1)

こちらの袖付けは、通常よりも少なめのいせ込み量に調整して、ナチュラルな袖付けに。

カジュアルですので、あえてセクシーに攻めなくても良いかなと。

 

カジュアル

写真 2018-04-12 12 18 24

こちらも夏場のカジュアルを想定して、プルオーバーシャツを作りました。

いわゆる「ポロ」というモデルです。

生地は前回スペシャル展開していたカンクリーニのコットンリネン。

恐らくスタッフ全員オーダーしたであろう、超人気生地です。

 

写真 2018-04-12 12 19 27

襟型は規制品と同じホリゾンタルカラー。

ぬけ感があるので、ボタンを開けた時に綺麗なロール感が出ます。

 

写真 2018-04-12 12 19 13

裾の手縫いガゼット。

手縫い感満載です(笑)。

サイドスリットの長さは後ろの方が少し長くしています。

 

この他にもカフスのディテールを、ドレスでは既製品と同じ先窄み型にしたり、カジュアルでは一般的なシャツでのストレート型にしたりと遊んでいます。

全ての形を全く違う仕様に出来るのもオーダー会ならでは。

 

オーダー会において、ここまで多くの生地ブランドを選択できるところもそう多くありません。

というのも、そもそもシャツブランドは専用のバンチを用意しておりますので、どこの生地ブランドかは分からなかったりします。

そこを、モンテサーロ の場合は生地ブランドからバンチを送ってもらいますので、クオリティに偽りがありません。

それに、シクテス・ルビネリ・DJA【デイビット・ジョン・アンダーソン】共に既製品では確実に見ることはありません。

なぜなら、既製品に乗せてしまうとビスポークするのと変わらない価格帯になるからですね。

弊社では一般的ですが。

 

気になる方は、是非遊びにいらして下さい。

それではまた。

 

檀崎

 

 

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS