2018 5月

Sharon Staff

MAURO GOVERNA【マウロ・ゴヴェルナ】

こんにちは。

 

MAURO GOVERNA【マウロ・ゴヴェルナ】より新型のバッグが届きました。

 

バッグインバッグとして使えるサイズのドキュメントケースです。サイズは横35cm×縦25cmと使い易いサイズ感かと。

 

程よく弾力のあるトリヨン・カーフは、手前よりグレージュ、ベージュ、ブラウン、ネイビーの4色ご用意させて頂いております。

IMG_9935

しっとりと柔らかなドルチェ・カーフは、手前よりL.ブラウン・ブラウン・ブラックの3色。

IMG_9759

贅沢にレザー1枚仕立ての高級感のある作りで御座いますので、クラッチバッグとしてもお召し頂けます。

IMG_5299

レザー1枚仕立てという事もあり、バッグの中に物が入っていなければ曲がってしまう程、柔らかな作りでは御座いますが、物を入れると直立する技術には、驚きです。

 

是非、一度店頭にてご確認下さいませ。

 

またinstagramも更新しております。皆様のフォローといいねが牧野の励みになります。

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

唯一無二の輝き

こんにちは。

 

本日は、FEDERICO BUCCELLATI【フェデリーコ・ブチェラッティ】のご紹介をさせて頂きます。

IMG_1155

フェデリーコ・ブチェラッティの基礎となるマリオ・ブチェラッティの創始者マリオ氏が1919年にミラノにお店をオープンしたのが始まり。

1925年にはローマ店を開店致しました。その後、創始者マリオ氏の死去に伴い5人兄弟の内、3人がそれぞれ別会社を設立致しました。

その5人兄弟の内、長男や弟でも無く、彫金の技術が高かったフェデリーコ氏は創始者そして父でもあるマリオ氏からローマ店と職人を継承し、フェデリーコ・ブチェラッティを設立。

 

イタリアンジュエリー最高の称号【Mastoro Paragon Coppella】

フェデリーコ・ブチェラッティのロゴと共に使用されております、紋章のようなマークはマストロ・パラゴン・コッペラ(魔法の金細工職人による壷の意)の称号が記されております。当時、イタリア芸術を代表する人物、優れた鑑定者で詩人でもあるガブリエレ・ダヌンツォ氏により、創始者のマリオ氏に与えられました。他の兄弟の誰もが使用する事を禁じられており、この名誉ある称号を唯一父より受け継いだのが、フェデリーコ・ブチェラッティただ一人。

フェデリーコ・ブチェラッティの作品は、かつて王家やダヌンツォ氏からの依頼により父が優れた芸術作品を創作した当時と同じように、今も忠実に手作業で行われています。また、宝石を引き立てる為に細工を施すフランスの様式とは違い、イタリアン・ルネッサンス様式は宝石はあくまでも最終的な効果を得る為の1つの材料と考え、細工と石が上手く溶け込んだ全体的な芸術性に重点をおいています。

 

それでは、早速ご覧下さいませ。

ホワイトゴールドとゴールドがシンプルで品のあるブレスレッド。

IMG_3319

留め具までゴールドで製作されているのには驚きです。

そして、ここまでシンプルなデザインは、知的な印象があり、ドレススタイルでも綺麗に合わせて頂けると存じます。

IMG_3215

また、ブレスレットと同じホワイトゴールドとゴールドのチェーンネックレスもご用意させて頂いております。

IMG_4130

”葉の動き” ”松ぼっくりの表面” を忠実に再現したペンタンドトップなどの作品は今日も100年以上続く唯一無二の輝きを放っています。

今もなお職人が一点一点手作業で製作を行うため、生産数はごくわずか。

IMG_2204

Sartoria Solitoのルイジさんは、タイをしめている時もネックレスを着けており、タイを外した時にチラリと見える時は、色気を感じます。

イタリア人の多くの方々は、お守りの様な感覚でお召しになられているのだと思います。

IMG_1303

厭らしさの無い、シンプルなアクセサリーは探してもなかなか見つからないかと存じます。

特にファッション業界の方達は非常にデコラティブを好むようですので。。

 

シンプルなものをお探しの方には、是非。

これからの季節、軽やかな装いにアクセントとしてオススメです。

 

そして、フランス調香師協会会員、フランス在住の日本人独立調香師 大沢さとり氏 によるフレグランスブランド、PARFUM SATORI【パルファン・サトリ】よりmizunaraという新しい香りが入荷致しました。

 

「国境なき、日本の香り」を提案する大沢さとりの渾身のプレミアムコレクションです。

 

毎朝のエチケットとしては勿論の事、リフレッシュ時などにもオススメです。

IMG_2529

香りの特徴は、モルトを口に含んだ瞬間の、のどを焼くトップノート。

すぐにガルバナムグリーンの風が鼻腔に抜け、続くハーバルのアコードに、シャープなウッディのミドルノートが徐々に重なっていきます。

ラストはモルト・コアベース。伽羅(きゃら)と白檀(びゃくだん)のウッディ、ラブダナムの焦げた甘さと、奥からのぞくドライスモーキーな香りで芳醇な樽香(たるこう)を表現。メタリックで硬いアンバーをプラスした複雑な香調となっています。

 

時間とともに香りを心地よく楽しめ、優雅な大人の魅力を最大限引き出してくれる逸品です。

是非、店頭にてお試し下さいませ。

 

FEDERICO BUCCELLATI【フェデリーコ・ブチェラッティ】

PARFUM SATORI【パルファン・サトリ】

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F-4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

Mail:info@sharon-shop.jp

 

お問い合わせはこちらから

 

牧野

G.Inglese DRESS SHIRT

こんにちは。

 

ここのところ、店頭では毎週の様に入荷が続いています。

今回はイングレーゼからカプリシャツに続き、ドレスシャツが入荷してきましたのでご紹介致します。

入荷してきたものは、すべてイングレーゼ社が誇る最高グレード23工程ハンドのもの。

これ以上ない上質感を漂わせています。

 

SEA ISLAND COTTON

IMG_5313

以前に入荷して人気の高かったシーアイランドコットン。

今期はポプリン(平織り)でご用意いたしました。

サックスと白の2色展開。

 

IMG_2896

ツイルに比べ薄手ですので、これからの時期には最適な一枚。

超長綿特有の滑らかな肌触りが、ポプリンだとさらに強調されます。

 

200/2 TWILL

IMG_5537

滑らかな200双糸を使用した一枚。

ツイルですので若干肉厚、ですがオールシーズン使える良い塩梅の素材感です。

 

今期は白のみのご用意。

IMG_7287

素材の持つ自然な光沢感、生地の厚み、柔らかな肌触り。

イングレーゼの高級感をさらに高めてくれます。

 

DOBBY STRIPE

IMG_7235

サックス×ホワイトの珍しい親子縞。

良く見るとヘリンボーン織りで、高番手生地による自然な光沢を放ちます。

 

IMG_3579

200双糸です。

ジャケットを脱ぐ機会の多い夏場には、シャツが主役になりやすい時期。

少し特徴的な柄のシャツを着ていても良いですね。

 

それからチーフも合わせて入荷してきました。

IMG_4407

200双コットン100%のものから、

 

IMG_3323

リネン100%の物とご用意。

ネクタイを外した時に、アクセントとして胸に刺しておくと華やかです。

 

柄のないシンプルな物が多いですが、探すと意外と無い無地のチーフ。

コットンやリネン素材というのもなかなか珍しと思いますので、素材を合わせてコーディネートを組んでみるのも楽しいですよ。

 

それでは最後にコーディネート。

今回はイングレーゼと相性が良い、シャマットと合わせてみました。

IMG_8374

JACKET Sciamat【シャマット】

SHIRT G.Inglese 【ジ・イングレーゼ】 SEA ISLAND COTTON

PANTS Sciamat【シャマット】

 

IMG_2397

SUIT/Sciamat【シャマット】

SHIRT/G.Inglese【ジ・イングレーゼ】 200/2 TWILL

TIE/Giusto Bespoke【ジュスト・ビスポーク】

 

IMG_1630

SUIT/Sciamat【シャマット】

SHIRT/G.Inglese【ジ・イングレーゼ】 DOBBY STRIPE

TIE/Giusto Bespoke【ジュスト・ビスポーク】

 

店頭は毎週の様にレイアウトを変えていますので、毎週違った雰囲気を味わえます。

店員目線でも新鮮です。

これからもドレスシャツの入荷は続きますが、数は少ないので気になる方は是非お早めに。

 

それではまた。

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS