Sartoria Sharon

Sartoria Sharon
the Philospphy
できるだけ自身の作るス・ミズーラに近づけたい Shigeaki Naoi

従来のパターンオーダーは、ミシンを主体とした仕立てになっていることが多く、
イセの分量やステッチ、表情に限界があるように感じました。
「どうせ作るなら他店には展開できない最高の1着を作りたい」と思い、
手縫いのパターンオーダー「Sartoria Sharon」二種類の型をご用意致しました。

the Collection.01
Sartoria Sharon

新たに展開する型。
従来の型をもとに、構築的な雰囲気と柔らかい雰囲気のバランスを追求致しました。

フロントダーツを省き、サイドダーツのみ採用。
サイドダーツを前に振ることにより、ウエストのシェイプを生み出しています。
また、ベースとなる毛芯にバス芯をバストの途中まで入れることにより胸に独特なハリとボリュームを生み出しています。
もちろん柔らかさは、変わらずそのままです。

肩幅を従来より約3cm大きくし、袖のイセを大きく減らす事により、より自然な「ナチュラルショルダー」へ生まれ変わりました。
また型傾斜をよりつけることで、落ち着きのある撫で肩のショルダーラインを実現しています。
ゴージラインもラペルのスタート位置を高くし、より傾斜を付けることで肩線とのバランスをとり、
現代的な雰囲気に仕立てられております。

パンツも後ろ股上を高めに設定し、腰からヒップまでを包み込むような着心地を実現。
脇の膨らみを抑え、スッキリしたシルエットに仕上がっております。

是非新しい「Sartoria Sharon」をご体感下さい。

The Collection 01 特集ページはこちら


the Collection.02
Sartoria Sharon

ゼロから毛芯の設計をし、今までにない柔らかさを表現。
全体的にコンパクトな表情になるようになるよう構築されております。

肩には2㎝以上のイセを入れ、日本人特有の前肩に必要な運動量を十分に確保。
袖には9㎝近くイセを入れ、見た目の雰囲気はもちろんの事、可動域を増やし、着用していても苦にならないように作製しました。

イタリア製のhandmadeスーツでも、中にはパンツだけミシンを多用している物もありますが、
「Sartoria Sharon」は、パンツも”Hand Made”で仕立てております。
ステッチ、カンヌキ、ボタンホールはもちろんの事、1着1着クセを取り、美しいS字ラインを生み出しております。
程よくゆとりがありながらもシルエットは綺麗に見えるように設計致しました。

皆さま是非袖を通してみて下さい。
きっと驚くはずです。


Details
パターンオーダー(ハンドメイド)
SUIT:¥250,000(税別)〜
JACKET:¥195,000(税別)〜
PANTS:¥55,000(税別)〜
納期:約2ヶ月

More Info
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
お気軽にお問合せください。Sharon

BRANDS