Sartria Sharon
The Story of Sartria Sharon
by Sharon Photographs by Jin Akaishi

木下慶仁(以下、木下)  今回、シャロン5周年の節目ということもあり、私達が色々な物を見て、実際に仕立ててきた中で、今までにない新しい物をお客様にご提供したいという思いで、新しいモデルを製作致しました。

今回のモデルは年齢を重ねられた方にオススメのモデルです。
Sharonで扱っている商品は、ナポリの作りを中心に非常に柔らかく軽い雰囲気の物が多い中で、出来るだけ軽さと着心地の良さを残しながらも、少し構築的で落ち着いた雰囲気を醸し出せたらと思い製作しました。

木下慶仁

木下  年齢を重ねると、若い頃に比べ、体つきや筋肉のつき方に変化が生じてきます。
筋肉の落ち方、体つきが変わってくる中で、それをリカバーしながら、若々しい格好良さとは異なった、大人の方が格好良くお召しいただける物を目指しました。

ローマやミラノの服の様な構築感は全くないですが、僅かに構築的に見える。日本人が年齢を重ねていった時に、太ったり痩せたり、体重の増減が大きくなると思います。その中で食事制限をしたりしてなんとか体重を維持しようとした時に、筋肉が落ちてしまいます。それを繰り返していくと筋肉があまりない体になります。

しかしながら、背筋など、若い時に鍛えていた筋肉というのは、まだ奥の方に残っている。その残っている筋肉と、肩周り等の筋肉とのバランスなども踏まえてパターンの指示をしました。

木下慶仁

木下  特徴的なのは撫で肩に見えるような肩の傾斜です。また袖のいせ込みの分量も減らし、より自然なショルダーラインに見える様にしています。
自然な肩の印象、もっというと少し撫で肩に見える様な肩のラインの方が、日本人にはより合っていると考えていて、逆に怒り肩に見えるとどうしても視線が肩に行ってしまうと思うのですよ。撫で肩の方が、のぼりも高く見えて、全体のスタイルも良く見えるじゃないですか。加えて、より優しい柔らかい印象になりますし、リラックスした雰囲気が出ると思うのです。そうした自然体の落ち着いた雰囲気と、どこにでも着ていける様なかっちり感を両立している洋服というのは、様々なサルトリアやブランドの洋服を見てきましたが、あまり無い様に感じています。
また前下がりもしっかりつける事で、正面から見た時により落ち着いた雰囲気を表現できる様にしました。

全ては、全体のバランスだと考えていて、胸ポケットの位置も少し低くし、フロントボタンの間隔も少し狭目に調整しています。 柔らかい雰囲気とかちっとした雰囲気の両立をするために、芯材も直井のスミズーラとは異なるこのモデル専用の芯材を1から設計し直しました。

木下慶仁

木下  だからこそ、このモデルは年齢を重ねた方がお召しになられた時に驚くほどフィットし、お召しになられる方の魅力をさりげなく演出できる様になっています。

直井茂明(以下、直井)  木下さんのお話でもあった様に、軽やかさと、落ち着いた雰囲気、それらをどう表情をつけていくかが一番、苦労しました。

直井茂明

直井  サルトリア・シャロンは、日本の職人さんが仕立てています。そして、同じ手縫いの洋服でも、元々日本とイタリアの洋服では、根本的に仕立て方や考え方が違うと感じています。
日本らしい洋服の仕立て方で、どうしたらより良く見せられるかという所が一番のポイントでした。
私は、日本の職人さんが一番綺麗に仕立てられると思っているのですが、熟練の職人さんでも、柔らかい洋服の仕立てに慣れている方は多くは無いと思います。
そこは、実際に工房まで足を運び、自ら針を持ち手縫いの実演をする事で、職人さんにも理解してもらいました。
日本の職人さんは、どちらかというとより綺麗に仕立てようとする意識が強いと感じています。そのより綺麗に見せようとする事が、結果的に固く見えてしまう事に繋がっていると思います。考え方の違いもあり、今まで通りの縫い方では今回のモデルの様な表情は出せませんでした。
そこに対して口でお願いをするだけでなく、実際に縫い方を実演する事で、職人さんにも理解してもらえますし、自分が縫っているからこそ、職人さんにも伝わる部分があると思います。
その様なやり取りがあったからこそ今回のモデルが完成しました。

直井茂明

直井  スミズーラは、お客様の好みに合わせた洋服で、出来るだけお客様の希望を叶えた上で、自分らしさを表現出来たらと思っています。
サルトリア・シャロンは、シャロンのスタイルを提案していく洋服だと考えていて、最初のモデルは、出来るだけ余分な副資材を省いて、柔らかさを表現しようと思いました。
しかしながら、柔らかさを追求したモデルは、仕事上どうしても難しく感じられるお客様もいらっしゃるので、自分の中で悩んでいた部分がありました。
その中で、今回のモデルが出来上がり、自分の悩みも一つ解消出来たと思います。

木下慶仁

木下  今回のモデルの様な体型変化も踏まえたバランスというのは、職人さんでは、なかなか出てこない発想なのかなと思います。だからこそ私とスタッフと直井で、話し合いながら出来上がったモデルだなと感じています。

直井  そうですね、このモデルは、自分が今まで作ったことのない形だったので、自分だけの発想ではできなかった形です。だからこそ、試作を重ね話し合ってきてようやく理想的な形が完成したと思います。

木下  まだ、シャロンにお越し頂いた事がないお客様にも是非、一度袖を通していただきたいと思っています。他には無いシルエットの美しさや着心地をご体感下さい。

iSartria Sharon

Details
SUIT:¥250,000(税別)〜
JACKET:¥195,000(税別)〜
PANTS:¥55,000(税別)〜
納期:約2ヶ月

More Info
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)
お気軽にお問合せください。Sharon

BRANDS