JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff

嗜好品

こんにちは。

 

今季のシャツが入荷して来ました。

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】とMOTESARO【モンテサーロ】がほぼ同時の入荷です。

 

早速ご紹介を。

 

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】は全てではありませんが、先行出荷分が入荷。

写真 2017-10-07 12 21 20

 

DJA【デイビット・ジョン・アンダーソン】の300双生地を使用したネイビーストライプ。

仕様はイングレーゼの誇る最上クオリティの23工程ハンド「DELUXE」。

写真 2017-10-10 19 06 53

 

また、同じくDJA【デイビット・ジョン・アンダーソン】の200双生地ものもご用意。

写真 2017-10-10 19 33 46

 

今季は以前にも取り扱っていたセミワイドカラーの物もご用意しました。

生地は170双生地を使用したツイルの無地とクレリック。

触り心地は200双と偽っても解らない程滑らか。

写真 2017-10-10 19 09 57写真 2017-10-10 19 10 05

白無地も一部サイズの入荷がございましたが、完売してしまいました。

 

何故ハンド工程数をここまで増やすのかといえば、それは最高の嗜好品だからです。

イタリアでも、ここまで手を駆使してシャツを作ってくれるところなんてそうそうありません。

割に合いませんから。

別に着心地を考えたら主要箇所6工程もハンドにすれば、十分ですので。

でも効率ばかりってなんだか寂しいですよね。

せっかくフルハンドが出来るのに、市場には全然無いなんて凄く残念です。

しかも、10年後にはフルハンドなんて出来なくなっているかもしれません。

それ故に、せっかくなら作ろうということになった訳です。

我々もフルハンドでやったらどんな物が出てくるのか、凄く興味がありました。

趣味性の高いものですが、解る人には解る最高の嗜好品です。

 

今季のMONTESARO【モンテサーロ】もスペシャルモデルでの入荷です。

ドレスシャツはシクテス社の240双を使用しました。

写真 2017-10-10 19 12 42  写真 2017-10-10 19 13 17

 

高番手ゆえに生地が丈夫だとは言えませんが、滑らかな肌触りには思わず驚きの声が出ます。

写真 2017-10-10 19 12 47

 

フランネルシャツはルビネリ社のものからピックアップ。

こちらも80双ぐらいだと思われますが、ふっくらと柔らかく、非常に滑らか。

写真 2017-10-10 19 14 25

ツイル無地

 

写真 2017-10-10 19 20 43

カジュアルの定番、ギンガムチェック

 

写真 2017-10-10 19 20 26 

グレンチェックのブラウンは、雰囲気があって今季お勧めです。

 

きっとこのブログを読んで下さる方は、恐らく物持ちの良い方が沢山いらっしゃると思います。

一週間以上違うシャツを着る事が可能な方も、多いのではないでしょうか。

是非その中に、ここぞという時に着る一枚を追加してみませんか。

袖を通したときにえも言われぬ心地よさに包まれますよ。

シャツは直接肌に触れるもの。

どれだけ自分を思いやれるかの証明でもあります。

 

私個人の話で恐縮ですが、結構、いやかなり肌が弱かったりします。

まず、化繊は一発で被れてしまいます。

某ブランドのオックスフォード生地のシャツを着ていても首と脇の下が被れました。。

下着はボクサーショーツ履けません(笑)。

学生時代はかなり悩まされました。。

学生服の生地たるや。。。

私と似た様なことでお悩みの方には、いわゆるクオリティを重視した生地はお勧めです。

手縫いの柔らかな着心地と相まって、ストレスはかなり軽減されると思います。

もちろん、上質さを追求したシャツをお探しの方にもお勧めです。

 

それではまた。

 

檀崎

FEDELI【フェデーリ】2017A/W 入荷

こんにちは。

 

本日は、2017A/WのFEDELI【フェデーリ】の商品が入荷致しましたので、ご紹介させて頂きます。

 

それでは早速。

 

スウェード×カシミアニットのブルゾンでございます。

襟立ちが良く、シンプルでエレガントな雰囲気の中に、スポーティーさとモダンさを兼ね備えた逸品です。

ファイル 2017-10-06 17 30 39

こちらはバルスター型カシミアブルゾンでござます。

ベージュとグレーの品のある配色が、程良くクラシックな雰囲気を醸し出します。

ファイル 2017-10-06 17 30 03

続きましてこちらはドレス、カジュアル兼用でお召し頂けるVネックニットでございます。

ブラウン、ベージュ、M.グレー、C.グレー、ネイビーの5色展開です。

使用しております素材はmillionaire【ミリオネア】と名付けられた極上のカシミア繊維を使用しております。

一般的なカシミア繊維の太さは15ミクロン。ミリオネアはそれを上回る14ミクロンでございますので、非常になめらかなタッチをお楽しみ頂けます。

ファイル 2017-10-06 16 31 12

こちらもミリオネア素材を使用した、タートルネック。

カラーはベージュ、M.グレー、ブラウン、ネイビーの4色展開です。

ハイゲージでございますので、スーツやジャケットのインナーにお召し頂いてもごわつきが少なく、快適な着心地でお召し頂ける逸品です。

ファイル 2017-10-06 16 31 27

そしてこちらもミリオネア素材を使用した、カーディガン。

ドレス・カジュアル兼用にてお召し頂けるかと存じます。

カラーはベージュ、M.グレー、C.グレー、ネイビーの4色展開です。

ファイル 2017-10-06 16 30 57

実際に着用してみました。

非常になめらかな肌触り、ふわっと軽い着心地のカーディガンはそっと身体を包み込んでくれます。

ファイル 2017-10-06 16 26 50

着用スタッフ 身長168cm、体重60kg 着用サイズ44

サイズ感はややタイト目のフィッティングです。

 

こちらはカシミア100%のミドルゲージタートルニット。

カラーはL.ベージュ、オフホワイト、L.グレー、ネイビーの4色展開。

カジュアルな素材感のあるジャケットにマッチする逸品です。

ファイル 2017-10-06 16 31 40 ファイル 2017-10-06 16 31 53

こちらはカシミアシルク素材のタートルニット。先程のミドルゲージの商品より僅かに肉厚でございます。

毛足が長く、とろりとした肌触りをお楽しみ頂けます。ブルゾンにマッチする逸品です。

ファイル 2017-10-06 16 32 04

こちらはハーフジップのローゲージニット。肘当てにスウェードを使用した逸品です。

ニットキャップやグローブも入荷しております。

ファイル 2017-10-06 16 32 16

色違いでベージュもご用意させて頂いております。

ファイル 2017-10-06 16 32 28

デニムも2色入荷致しました。

エラスタン入りでございますので、履き心地は柔らかく、快適な休日のリラックスタイムにピッタリな1本です。

ファイル 2017-10-06 16 32 43 ファイル 2017-10-06 16 32 56

肉厚なカシミアストールは3色ございます。

ファイル 2017-10-06 16 30 45

カシミアシルクのストールもご用意させて頂いております。

ファイル 2017-10-06 16 33 40

肌寒くなってきたこの時期にピッタリなお品物をご用意させて頂いております。

是非、お越し下さいませ。

 

またinstagramも更新しております。皆様のフォローといいねが牧野の励みになります。

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

new tie in store now

こんにちは。

 

既にオンラインストアでも掲載されておりますが、2017年F/WシーズンのE.G CAPELLI【イージーカペッリ】が入荷してきました。

限られた本数での入荷となりますので、既に完売してしまったものもございますが、特徴をふまえつつ、ご紹介できればと思います。

 

まずはカシミアタイから。

昨年の秋冬では、少量だけ仕入れましたがかなり早い段階で無くなってしまったカシミアタイ。

 

ネイビーホップサック

写真 2017-09-17 15 43 04

ボリューム感はあるものの、平織りの柔らかなフワッとした素材感がたまらない1本。

カジュアル感がありますので、フランネルスーツや冬のジャケットスタイルにどうでしょうか。

早くも色違いのブラウンが無くなってしまいました。

 

ヘリンボーン

写真 2017-09-17 16 22 31

カシミア素材にしては薄手で締め易い生地。

ヘリンボーンの主張も落ち着いているので、スタッフ愛用者も多い一本です。

 

フレスコ

写真 2017-09-17 15 47 43

カラバリ豊富な冬のフレスコタイ。

カシミアでネップ調、しかもフレスコというのもあまり見かけません。

フランネルのスーツや、カジュアルベースのスタイルに挑戦したくなる一本。

 

バーズアイ

写真 2017-09-17 15 46 40

こちらも珍しいカシミアのバーズアイ。

フレスコと同じく適度なカジュアル感があって、ニットタイのような感覚で合わせられる一本。

 

続いてシルクタイ。

まずは定番のツイルから。

写真 2017-09-17 16 01 58

シルクタイとは思えない程強度のあるツイル生地で、マットな質感が特徴。

生地の回復も早いので、ヘビーローテーションで使えます。

今まで使っていた無地タイが消耗してきたと言って、買い替えを行なうお客様を何人も見てきました。

 

続いてジャカード。

今までプリント中心のラインナップだったものの、今季はヴィンテージ調のジャカード生地が豊富に見つかったため、いつもより多めに取り揃えております。

写真 2017-09-17 15 59 56

ベージュ系のジャカードはブラウンスーツに。

 

ブラウン

写真 2017-09-17 15 58 30

ドットで構成したレジメンに、クラシカルな小紋のブラウン。

 

ネイビー

写真 2017-09-17 15 57 37

ネイビーのジャカードはインパクトのある大きめの柄と、控えめなドット柄を。

 

最後に定番のプリントタイ。

ハリのあるヴィンテージ調英国生地を使用した、カペッリを象徴する生地。

写真 2017-09-17 16 03 18

ネイビーに、

 

写真 2017-09-17 16 05 23

ブラウンプリント、

 

写真 2017-09-17 16 04 17

バーガンディと、控えめな小紋柄をセレクトしております。

どの色も派手さを感じさせない落ち着いた小紋柄ですので、コーディネートに取り入れ易いのではないでしょうか。

 

ご興味のある方は是非。

おすすめです。

 

檀崎

 

今回ご紹介したE&G CAPPELLIの商品はこちら

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS