2015 5月

Sharon Staff

今期のLe Spade

こんにちは。

 

まだ5月だというのに、暑い日が続きますね。

 

さて、先日のVPI【ヴィ・ピー・アイ】に続き、今回はサルト物のパンツをご紹介致します。

 

Le Spade【レ・スパーデ】NO PLEATS STRETCH COTTON TROUSER

DSC05369

100年の歴史を持つパンタローネ職人、モーラ家のプレタポルテラインのパンツ。

しかも今期はストレッチコットンでオーダー。

コットン製でしかもストレッチが入ったパンツを作るなんて、モーラ家の歴史上、多分初ですね(笑)。

 

プレタといっても100年の歴史ですから、これはもはや工芸品レベルですよ。。

しかも、作り込みはス・ミズーラと何ら変わりなく、とんでもない技術の詰まったパンツになっています。

 

ちなみに、昨シーズンに続きサイズ感は少し大きめになっています。

今期も大幅な修正をかけたんですけどね。。

なかなか希望通りに行かないのが、ナポリ人の良いところなんですかね(笑)。

 

Le Spade【レ・スパーデ】NO PLEATS TROPICAL WOOL  TROUSER

DSC05375

昨年に引き続き、継続展開のウールトロ。

こちらも良いんです。

そもそも、ハンドを駆使したウールのスラックスなんて見つかりませんからね。

 

ではでは、細部をご紹介。

 

まずは、ベルトループ。

DSC05370

太めでクラシカルな雰囲気です。

ハンドステッチも入ってますね。

 

カンヌキ止めとサイドステッチ。

DSC05371

手縫い感半端無く出てますね〜。

 

 

釦ホールももちろんハンド。

DSC05373

 

そして、モーラ家のパンツの特徴でもある、股のハンドステッチ。

DSC05374

この縫い合わせこそ、今やモーラ家しか出来ない技。

負荷がかかると縫合部が広がり、窮屈さを緩和するという凄い技術です。

この履き心地、履いた人にしか解らない特別感がありますよ。

 

さて、次回はシルエットついて触れようと思います。

シルエットもSharon独自でかなり作り込んでいますので、相当履きやすいパンツに仕上がっています。

 

それではまた!

 

檀崎

HAND MADE SHOES

こんにちは。

 

今月の頭くらいにひっそりと、いや大胆に、動画をアップしました。

動画のみ(汗)。

 

しばし何の動画か解らないんですけど・・という方は、こちらを是非ご覧下さい。

 

 

これ、Sharonで新しく始めたビスポークシューズの動画です。

構想3年、製作期間1年をかけた大スペクタクルな超大作、、、

ではございませんが、出来上がりまでかなりの時間を要し、ようやく出来上がったこの動画。

我ながら、かなり良い物が出来たのではないかと。

製作に携わって下さった方々、この場を借りて、御礼申し上げます。

 

最近まで詳細が出てなかったので解らなかったわ〜〜という方、詳細を載せましたので、是非ご覧になって下さい!

 

 

さて、Sharonで新しく始めるこのビスポークシューズ、名前はIl cielo【イル・チェーロ】。

イタリア語で、「空」を意味します。

そしてこの靴最大の特徴は、アッパーの吊り込みとソールのスクイ縫いを職人が行っていることです。

ハンドソーン・ウェルテッドという製法で作られています。

 

グッドイヤー・ウェルテッドではありませんよ。

グッドイヤー・ウェルテッドはマシンでスクイ縫いを行う製法です。

 

ハンドとマシン。この違いは、構造にも大きな違いを生み出します。

まずマシンの場合、ウェルトを機械ミシンで「つまみ縫い」するためにリブテープと呼ばれる硬いテープがインソール底面に貼られます。

そして、そのテープの高さ分の段差が生まれるため、厚いコルクを敷き詰めるわけです。

この厚いコルクが履いているうちに沈み込んで、馴染みが生まれるわけですが、反面、沈み込みすぎて最初のフィッティングよりもゆとりが生まれてしまう可能性もあります。

ローファーだと、これが顕著に出ますね。

履いてるうちに大きくなって、インソールを増していくという(私も経験済み)。。

しかも、インソール底面のリブテープは、硬い上にインソールに対し垂直に貼られているので、屈曲性を悪くします。

グッドイヤーの靴が履き始め硬くて曲がりにくいのは、このためですね。

 

これに対しハンドの場合、インソールとウェルトを直接彫って縫い付けるため、マシン程の段差は生まれず、インソールの革が適度に沈む程度でグッドイヤー程のゆとりは生まれません。

また、インソールにリブテープも無いため非常に屈曲性に優れ、履き初めからソフトな履き心地になるんです。

 

こんな感じでスクイ縫いをしていきます。

DSC05152

 

 

 

DSC05154

非常に綺麗な仕上がりです。

 

DSC05153

横から見ると、ステッチは全く見えません。

既成のハンドソーンの靴をいくつか見てきましたが、スクイ縫いが甘いと糸が見えちゃうんですよね。。

 

 

ただ、職人が1足1足縫い付けていきますから、相当なコストと時間がかかってしまいます。

熟練職人でも、片足30分位はかかるそうで、機械だと片足20秒程。。

違いすぎますね。。。

 

このビスポークシューズ、まだ始めたばかりですが、お客様からかなりの反響を頂いております。

リピーターの方も既にかなりの数に。

職人さんも悲鳴を上げております(笑)。

 

気になる方は、是非お問い合わせ下さい。

ちなみに、サンプルはこちらです。

DSC05368

近々、それぞれの形もご紹介していこうと思います。

 

それではまた!

 

檀崎

 

VPI【ヴィ・ピー・アイ】入荷しております。

こんにちは。

ご無沙汰しております。

 

最近お客様から「檀君、ブログ書かないの??」とか、「檀君!ブログもっと書いてよ!」とか、「檀くん!!ブログでコーディネートとか組んでよ!!見てんだからさ!!」などなど、ご要望をたくさん!!!頂いております。

 

大変、ご無沙汰しております。。

 

さて、毎年好評のVPI【ヴィ・ピー・アイ】のパンツ。

イタリアのパンツ専業ブランド、VIGANO【ヴィガーノ】の別ラインとして注目のブランドです。

ポップな素材使いと独特でスタイリッシュなシルエットが、また良いんですよ。

既にオンラインストアでもアップしていますが、個人的に気になるパンツを型数絞ってご紹介致します。

 

VPI【ヴィ・ピー・アイ】 STRETCH COTTON SUCKER TROUSER

DSC05334

サラッとしたシアサッカー素材を使用したストレッチパンツ。

凸凹とした畝のある爽やかな素材に、洗いをかけて当たりを出したパンツです。

サッカーといえばストライプ柄が定番ですが、こちらはシンプルな無地。

無地のサッカーは探してもなかなか見つかりませんし、他人と被らないので良いですね。

サッカー素材は、凸凹の畝が空気の層を作ってくれるので、夏場蒸れにくくて快適ですよ。

 

DSC05359

フロント釦のアップ。

釦も独特のグラデーションが施されており、コダワリと遊び心が感じられます。

しかも、パンツの色に合わせて釦の色まで変えます。半端ないコダワリ。。

ちなみに、ベージュには黄色のグラデーション釦が付きます。

 

VPI【ヴィ・ピー・アイ】 STRETCH COTTON DUNGAREE TROUSER

DSC05332

ダンガリーコットンを使用したパンツ。

デニムとは違い、かなり薄手でサラリとしたは着心地です。

一見ワークの雰囲気ですが、細身のシルエットなので野暮ったさは皆無です。

これからの季節は、白Tシャツに白スニーカーで合わせたくなります。

アメリカ好きとしては(笑。

 

VPI【ヴィ・ピー・アイ】LOOP VELVET DOT ONE PLEATS EASY TROUSER

DSC05338

パイル織りのような凹凸をドット状にあしらった特殊な素材のパンツ。

地の部分には光沢感も有り、モードな雰囲気のするカジュアルスラックスです。

 

DSC05339

ウエストはワンプリーツ。

ですが、もっさりとした印象の無い、細身でスマートなフォルムです。

しかもウエストはリブ状になっており、伸縮性があるため快適な履き心地。

ドローイングが付いてますので、休日には良いですね。

まさに、EASYです(武井壮風に)。

 

こんなリゾート感のあるスタイルはどうでしょう?

DSC05363

Tシャツ:O.V.S【オリジナル・ヴィンテージ・スタイル】V-NECK COTTON BUCK-POCKET T-SHIRT

パンツ:VPI【ヴィ・ピー・アイ】LOOP VELVET DOT ONE PLEATS EASY TROUSER

サンダル:Di Mella【ディ・メッラ】JUTE/SUEDE STRAP SANDAL

 

こんなの若すぎるよ、、という方には、

DSC05364

ニット:FEDELI【フェデーリ】GIZA45 COTTON CREW-NECK KNIT

パンツ:VPI【ヴィ・ピー・アイ】 STRETCH COTTON SUCKER TROUSER

靴:Di Mella【ディ・メッラ】UNLINED SUEDE SLIP-ON

落ち着いたトーンで合わせてみました。

いかがでしょう??

 

それではまた!

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS