2016 5月

Sharon Staff

Sartoria Sharon

こんにちは。

この度、Sharonの新レーベルとして【Sartoria Sharon】が満を持して登場致しました。

【Sartoria Sharon】とは、ス・ミズーラと全く同じ工程で製作された極上のフルハンドメイドのパターンオーダー。マシンメイドでは味わえない非常に軽くて柔らかい着心地の良さ、表情豊かな手縫いの雰囲気が醸し出す究極の逸品です。

 

マシンメイドでは到底再現出来ない職人の手から生まれる柔らかく手の温もりを感じられる雰囲気。

肩、袖のイセ込みによる肩の稼動域は大きく、非常に着心地の良いジャケット。

semizula002

フラワーホール、袖口釦ホールのサイズや形状、雰囲気まで拘っております。これぐらいがカッコイイと・・・。何度も何度もサンプルを作って頂きました。

semizula005

パンツも勿論、ハンドメイド。ヒップからワタリにかけて流れるようなシルエット。しっかりクセ取りを行い、エレガントなS字のラインを描いております。

semizula009

ベストもオーダーして頂けます。

semizula007

Sharonには多くのサルト物(手縫い物)をご用意しておりますが、どのサルトブランドにも引けを取らないくらい価値のある【Sartoria Sharon】を誕生させる事ができました。専属職人の直井がパターンを引き、手縫いのファクトリーに縫製の技術指導を行い、何度も何度も試行錯誤をし、何度も何度もサンプルを作り上げ、やっと “全員が納得できる物” が仕上がりました。

サルト物(手縫い物)は職人さんの雰囲気が洋服に大いに現れます。シャマットはシャマットの色(雰囲気)、シリカはシリカの色、そして【Sartoria Sharon】は【Sartoria Sharon】の色がございます。

パターンオーダーでフルハンドメイドのスーツは世界中でもSharonのみと言っても過言ではございません。 世界中でどこを探してもSharonでしかお買い求め頂けません。希少価値が高く、非常に完成度の高い物をご用意することができました。

 

自分好みの逸品を仕立ててみる。そんなお洒落の楽しみ方を【Sartoria Sharon】で。

 

是非、お試し下さいませ。

 

牧野

 

Sharon【シャロン】

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F 2F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

Napoli Suit

こんにちは。

 

ナポリの手縫いの雰囲気が溢れたスーツ、ジャケットと言えば、Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】ではないでしょうか?

Sharonのドレスクロージングでは全てサルト物(手縫いのもの)となっており、その様々なブランドの中でも非常に軽く、柔らかな仕立てが特徴の逸品でございます。

 

そこで、より多くの方に”本当に着心地の良い洋服”をご紹介させて頂きます。

 

まずは、ベージュのコットンスーツ。

明るい自然光の場所での色味。

DSC06696

室内や少し暗い場所での色味。

曲線を描いたゴージライン、ハンドステッチのパッカリングなど豊かな顔つきです。

DSC06697

ウールのブラウンスーツ。

夏にブラウンのスーツは非常に格好良く、エレガントな佇まいでございます。

DSC06699

ハトメ穴の釦ホールも勿論手がかり。少しいびつな形状でも・・・。

こちらの生地はクリアカット仕上げではなく、生地表面に少し毛羽があり非常に珍しく、希少価値の高い逸品です。春夏のトロピカル組織で毛羽がある生地はもう二度とお目にかかれない可能性もございます。

DSC06700

チャコールグレーのストライプスーツ。

DSC06701

フレスコとは思えない程、柔らかい生地でストライプの間隔は10mm。ベーシックでコーディネートして頂き易い逸品です。

DSC06702

ネイビーのモヘアスーツ。硬い生地を柔らかく仕立てる。

DSC06704

3plyほどでしょうか?マーチンソンよりヴィンテージファブリックの贈り物。

DSC06706

ネイビーのウールツイルスーツ。程よく光沢があり、非常に柔らかな逸品です。

DSC06707

よく見ると、釦の掛けも特徴的。4箇所で掛けております。

DSC06712

ここからはジャケット。ブラウンのホップサック。

DSC06713

ホップサックの中では非常に柔らかな生地を使用しており、リネンのシャツなどを合わせたくなるジャケットです。

DSC06714

先程のブラウンのホップサックのジャケットの色違いでネイビーをご用意しております。

ハイツイストの糸を使用している事から生地の風合いはネイビーのものがシャリ感が強く、より清涼感がございます。

ホワイトデニムを合わせてカジュアルに、グレーのウールパンツをあわせてビジネスに。多様性のあるジャケットではないでしょうか?

DSC06719

最後にネイビーのリネンジャケット。少し淡いネイビーと言いますか、優しく柔らかい印象のネイビーです。

2,3年後。いや、10年後の経年変化を楽しみたい。シワによってその方の体型に形成されるジャケット。

DSC06716

 

ご参考までに。

スタッフ身長168cm、体重60kg 着用サイズは44。

普段お召しのサイズ通りご着用して頂けると思います。

DSC06720

日々、腕を駆使しておりますので、袖のシワはご容赦下さいませ(笑)

DSC06721

肩のイセ込みの分量も非常に多く、”本当に着心地の良い洋服”です。

DSC06722

 

ハンドメイドでこのプライス。 是非お試し下さいませ。

 

牧野

 

Sharon【シャロン】

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F 2F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

イタリアンカジュアル

こんにちは。

 

皆様、良いGWをお過ごしですか?

少し汗ばんでしまう程、気温も暖かくなり、非常に心地良い天気ですね。そこで、より気分が良くなって!?散歩したくなる!?洋服ご紹介させて頂きます。

 

DSC06650

TITTO ALLEGRETTO【ティート・アッレグレット】のジャケットにG.Inglese【ジ・イングレーゼ】のシャツ、VPI【ヴィ・ピー・アイ】のコットンパンツにMAISON OCTOPUSSY【メゾン・オクトパシー】のスウェードベルトを添えて。

TITTO ALLEGRETTO【ティート・アッレグレット】のジャケットは上襟、袖付けの2工程手縫いのジャケットではございますが、マシンメイドとは思えない程、肩、腕の稼動域が大きく、非常に着易くサラッと羽織れるリネンのサファリジャケット。

ティト本人はジャケットを自ら洗いをかけて、敢えてクタクタにさせて着用しております。さすがに、皆様には洗いをかける事はお勧めできませんが、”マシンメイドのジャケットを敢えてクタクタに着る”そんな雰囲気を楽しんで頂きたいと思っております。

DSC06651

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】のカプリシャツ、FEDELI【フェデーリ】のカシミアニット、TERA GENOVA【テラ・ジェノバ】のデニムにANDREA GRECO【アンドレア・グレコ】のメッシュベルトを添えて。

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】のカプリシャツはなんと、ハンド20工程。カジュアルシャツでは贅沢すぎる逸品です。カプリシャツはリゾートで少しゆとりのあるシャツというようなイメージですが、G.Inglese【ジ・イングレーゼ】のカプリシャツはリゾート感は残しつつ、都会的で洗練された雰囲気です。

その秘密は、少し細めのボティから生み出されるバランスの良いサイズ感。まさに日本人の為のカプリシャツではないでしょうか?

 

その他にも、大人の上質なカジュアルアイテムも充実しております。

DSC06641

ポロシャツなどもかなりのバリエーション。

DSC06643

夏は、スリッポン。スタイル別で何色あってもいい・・・。

DSC06645

FEDELI【フェデーリ】ではスイムパンツもご用意。リネンのスイムパンツはなかなかお目にかかれません。

DSC06646

合わせてスイムバッグもご用意しております。GIZA45のポロシャツに同じくGIZA45カットソー。柔らかで肌触りが非常に良く優しい大人のビーチスタイルです。

DSC06647

実は、このスイムバッグ。こんなに小さくなります。

DSC06649

 

Sharonでは、上質な大人のカジュアルスタイルを提案しています。ワンランク上の洋服で優雅で豊かなライフスタイルを・・・。

 

Sharon

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F 2F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS