カテゴリー

Sharon Staff

new tie in store now

こんにちは。

 

既にオンラインストアでも掲載されておりますが、2017年F/WシーズンのE.G CAPELLI【イージーカペッリ】が入荷してきました。

限られた本数での入荷となりますので、既に完売してしまったものもございますが、特徴をふまえつつ、ご紹介できればと思います。

 

まずはカシミアタイから。

昨年の秋冬では、少量だけ仕入れましたがかなり早い段階で無くなってしまったカシミアタイ。

 

ネイビーホップサック

写真 2017-09-17 15 43 04

ボリューム感はあるものの、平織りの柔らかなフワッとした素材感がたまらない1本。

カジュアル感がありますので、フランネルスーツや冬のジャケットスタイルにどうでしょうか。

早くも色違いのブラウンが無くなってしまいました。

 

ヘリンボーン

写真 2017-09-17 16 22 31

カシミア素材にしては薄手で締め易い生地。

ヘリンボーンの主張も落ち着いているので、スタッフ愛用者も多い一本です。

 

フレスコ

写真 2017-09-17 15 47 43

カラバリ豊富な冬のフレスコタイ。

カシミアでネップ調、しかもフレスコというのもあまり見かけません。

フランネルのスーツや、カジュアルベースのスタイルに挑戦したくなる一本。

 

バーズアイ

写真 2017-09-17 15 46 40

こちらも珍しいカシミアのバーズアイ。

フレスコと同じく適度なカジュアル感があって、ニットタイのような感覚で合わせられる一本。

 

続いてシルクタイ。

まずは定番のツイルから。

写真 2017-09-17 16 01 58

シルクタイとは思えない程強度のあるツイル生地で、マットな質感が特徴。

生地の回復も早いので、ヘビーローテーションで使えます。

今まで使っていた無地タイが消耗してきたと言って、買い替えを行なうお客様を何人も見てきました。

 

続いてジャカード。

今までプリント中心のラインナップだったものの、今季はヴィンテージ調のジャカード生地が豊富に見つかったため、いつもより多めに取り揃えております。

写真 2017-09-17 15 59 56

ベージュ系のジャカードはブラウンスーツに。

 

ブラウン

写真 2017-09-17 15 58 30

ドットで構成したレジメンに、クラシカルな小紋のブラウン。

 

ネイビー

写真 2017-09-17 15 57 37

ネイビーのジャカードはインパクトのある大きめの柄と、控えめなドット柄を。

 

最後に定番のプリントタイ。

ハリのあるヴィンテージ調英国生地を使用した、カペッリを象徴する生地。

写真 2017-09-17 16 03 18

ネイビーに、

 

写真 2017-09-17 16 05 23

ブラウンプリント、

 

写真 2017-09-17 16 04 17

バーガンディと、控えめな小紋柄をセレクトしております。

どの色も派手さを感じさせない落ち着いた小紋柄ですので、コーディネートに取り入れ易いのではないでしょうか。

 

ご興味のある方は是非。

おすすめです。

 

檀崎

 

今回ご紹介したE&G CAPPELLIの商品はこちら

Sartoria Sharon【サルトリア・シャロン】オーバーコート

こんにちは。

 

既にHP上でも告知しておりますが、今月23日(水)から27日(日)までSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】のオーダー会を行います。

Sartoria Sharon【サルトリア・シャロン】とは、弊社職人である直井茂明が自身のス・ミズーラをベースにデザイン・設計をした手縫いのパターン・オーダー。

今回のオーダー会ではコートをお見立て頂けるようになりました。

5日間だけの限定企画です。

 

ベースはもちろん、直井茂明のス・ミズーラ。

当日はサンプルとして、弊社スタッフがス・ミズーラしたコートをご用意致します。

 

既に仮縫いサンプルもご用意。

dsc07867

仮縫いサンプルなのにもか関わらず、雰囲気が十分伝わる胸周り。

 

着用すると、より胸周りの作り込みを感じて頂けます。

高めのゴージ、迫力のラペル幅からも、出来上がりの雰囲気を容易に想像出来ます。

dsc07857

そして何より、ふんわりとしたこのロール感。

柔らかさが伝わってきます。

手縫いの柔らかさは、一度着てしまうと抗えません。

コートは重量感が伴うので、尚更着た時の柔らかさはとても重要です。

 

あくまでサンプルですが、全体の雰囲気を。

dsc07859

dsc07860

シングルチェスターにピークドラペル、アルスターと好きな形を自由に選べるのが、オーダーのキモ。

バックスタイルもベルトを付けるか、ポロコートにするか、クラシカルなプレーンにするのか。。

コートの雰囲気を決定づける着丈も、軽快感を求めるか、クラシカルな雰囲気を求めるか、、妄想が続きます。

 

ちなみに、サンプルで使用した生地はカシミア100%。

もちろんこの生地でお仕立て頂く事も可能ですのでご相談下さい。

意外な程お値打ちなコートになるかと思いますよ。

 

当日は直井が採寸をし、パターンオーダーながら仮縫いを挿んでの納品となりますので、さながらス・ミズーラ気分を味わえます。

納期は約3ヶ月を予定。

 

自分だけの生地を選び、自分だけのコートの形を職人と話し合いながら選ぶ、特別で贅沢な時間。

 

冬物のコートをお探しの方には是非。

 

それでは、また!

 

檀崎

<Sartoria Sharon>TRUNK SHOW

・開催日程:11月23日(水)~11月27日(日)

・開催時間:12:00〜20:00(最終受付19:00)

・開催場所:Sharon 2F

・価格:ジャケット ¥180,000(税抜)〜

2ピーススーツ ¥250,000(税抜)〜

オーバーコート ¥280,000(税抜)〜 仮縫い付

・納期:約2ヶ月(コートのみ約3ヶ月)

・弊社職人・直井茂明による採寸(サイズゲージ有り)

・事前予約制

お問い合わせはこちらから

Il Quadrifoglio【イル・クアドリフォーリオ】オーダー会を終えて。

こんにちは。

 

今月11日(金)〜13日(日)まで開催していたIl Quadrifoglio【イル・クアドリフォーリオ】のオーダー会ですが、大変ご盛況頂き有り難うございます。

世界中を飛び回る久内氏ですが、今回のオーダー会が世界一の足数だとのこと。

第一回目にも関わらず、とんでもない勢いを感じます。

 

素晴らしいクオリティの革は、イタリアまで買い付けに行きます。

img_6093

 

片足ずつ丁寧な計測。

dsc07846

dsc07841

 

計測中もお客様との会話が弾みます。

とても話やすく、人柄の良さを感じさせます。

そして、関西人の強みをとてつもなく感じます(笑)。

羨ましい。。

dsc07849

 

非常に細やかな計測に加え、お客様が日頃感じている足の悩みもヒアリングし、メモしていった結果、

dsc07853

 

自分だけの1足が、1年後手元に届きます。

dsc07873

 

日程が合わず、見送られた方もかなりいらっしゃったので、次回はさらに期待が。

久内さん、3日間有り難うございました。

 

次回のIl Quadorifoglio【イル・クアドリフォーリオ】のオーダー会は、2月頃を予定しています。

ご興味の有る方は是非。

 

それではまた!

 

檀崎

 

お問い合わせはこちらから

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS