カテゴリー

Sharon Staff

2017A/W 商品入荷

こんにちは。

 

本日は、2017A/Wの商品が4ブランド、入荷致しましたので、一挙にご紹介させて頂きます。

 

先ずは、G.Inglese【ジ・イングレーゼ】のシャツでございます。

今回入荷分はセミワイドカラーを採用。白無地、サックス無地は普段お召し頂け易い170双の生地を使用しております。

ファイル 2017-11-23 18 53 06

セミワイドカラーのクレリックは200双のなめらかな生地を使用しております。

ファイル 2017-11-23 18 52 56

 

また、Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】よりスーツ2型入荷致しました。

ベーシックなネイビーツイルのスーツ。

ファイル 2017-11-23 14 24 28

クラシカルなグレーのヘリンボーンのスーツの2型でございます。

ファイル 2017-11-23 14 24 39

2型共にAlfred Brown【アルフレッド・ブラウン】らしい打ち込みのしっかりとした生地を使用しております。

皺になりにくく、パンツのクリースも抜けにくい為、普段のワードローブに最適な1着です。

ファイル 2017-11-23 14 24 48

 

Le Spade【レ・スパーデ】よりウールパンツも3色入荷しております。

今年のウールは若干カジュアルな雰囲気のあるツイル生地を仕様し、光の当たり方で色味が変わる様な、ミックス感のある生地で仕立てました。

 

こちらはインディゴの様なネイビーです。

ファイル 2017-11-23 18 52 02

こちらはチャコールグレーにブラウンを織り交ぜた様な色でございます。

ファイル 2017-11-23 18 52 33

こちらはライトグレーにベージュを織り交ぜた様な色。

ファイル 2017-11-23 18 52 45

シルエットはプリーツを入れた事により、腰回りはゆとりをもたせながら、裾に向かって綺麗にテーパードさせたシルエット。

クラシカルになりすぎず、また細すぎない程良いテーパードシルエットです。

ファイル 2017-11-23 18 52 17

 

MAURO GOVERNA【マウロ・ゴベルナ】よりフラップトートが追加で入荷致しました。

弊社で別注企画を持ち込み、オリジナルの形を作り上げたフラップトート。

 

1泊〜2泊程度の小旅行でもお召し頂ける大きさ(ビッグ)とビジネスでお召し頂ける大きさ(スモール)の2種類ご用意させて頂いております。

 

先ずはビッグサイズからご覧下さい。4色ご用意がございます。

こちらはライトブラウンの様な色味です。

ファイル 2017-11-21 14 36 05

こちらは品のあるグレージュ。

ファイル 2017-11-21 14 36 16

ベーシックなミディアムブラウン。

ファイル 2017-11-21 14 36 26

シックなダークブラウン。

ファイル 2017-11-21 14 36 37

 

こちらよりスモールサイズです。

カラーはダークブラウン。

ファイル 2017-11-21 14 36 48

スモールサイズではトリヨンレザーのご用意もございます。

グレージュ。

ファイル 2017-11-23 19 53 46

ブラウン。

ファイル 2017-11-21 14 37 03

ブラックをご用意させて頂いております。

ファイル 2017-11-21 14 37 26

まとまった入荷がございましたので、お近くにお越しの際には是非、お立ち寄り下さいませ。

 

寒くなって参りましたので、ストールやグローブもおすすめです。

今回ご紹介させて頂いたストールはこちら

今回ご紹介させて頂いたグローブはこちら

 

入荷商品のオンライン掲載は今暫くお待ち下さいませ。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

嗜好品

こんにちは。

 

今季のシャツが入荷して来ました。

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】とMOTESARO【モンテサーロ】がほぼ同時の入荷です。

 

早速ご紹介を。

 

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】は全てではありませんが、先行出荷分が入荷。

写真 2017-10-07 12 21 20

 

DJA【デイビット・ジョン・アンダーソン】の300双生地を使用したネイビーストライプ。

仕様はイングレーゼの誇る最上クオリティの23工程ハンド「DELUXE」。

写真 2017-10-10 19 06 53

 

また、同じくDJA【デイビット・ジョン・アンダーソン】の200双生地ものもご用意。

写真 2017-10-10 19 33 46

 

今季は以前にも取り扱っていたセミワイドカラーの物もご用意しました。

生地は170双生地を使用したツイルの無地とクレリック。

触り心地は200双と偽っても解らない程滑らか。

写真 2017-10-10 19 09 57写真 2017-10-10 19 10 05

白無地も一部サイズの入荷がございましたが、完売してしまいました。

 

何故ハンド工程数をここまで増やすのかといえば、それは最高の嗜好品だからです。

イタリアでも、ここまで手を駆使してシャツを作ってくれるところなんてそうそうありません。

割に合いませんから。

別に着心地を考えたら主要箇所6工程もハンドにすれば、十分ですので。

でも効率ばかりってなんだか寂しいですよね。

せっかくフルハンドが出来るのに、市場には全然無いなんて凄く残念です。

しかも、10年後にはフルハンドなんて出来なくなっているかもしれません。

それ故に、せっかくなら作ろうということになった訳です。

我々もフルハンドでやったらどんな物が出てくるのか、凄く興味がありました。

趣味性の高いものですが、解る人には解る最高の嗜好品です。

 

今季のMONTESARO【モンテサーロ】もスペシャルモデルでの入荷です。

ドレスシャツはシクテス社の240双を使用しました。

写真 2017-10-10 19 12 42  写真 2017-10-10 19 13 17

 

高番手ゆえに生地が丈夫だとは言えませんが、滑らかな肌触りには思わず驚きの声が出ます。

写真 2017-10-10 19 12 47

 

フランネルシャツはルビネリ社のものからピックアップ。

こちらも80双ぐらいだと思われますが、ふっくらと柔らかく、非常に滑らか。

写真 2017-10-10 19 14 25

ツイル無地

 

写真 2017-10-10 19 20 43

カジュアルの定番、ギンガムチェック

 

写真 2017-10-10 19 20 26 

グレンチェックのブラウンは、雰囲気があって今季お勧めです。

 

きっとこのブログを読んで下さる方は、恐らく物持ちの良い方が沢山いらっしゃると思います。

一週間以上違うシャツを着る事が可能な方も、多いのではないでしょうか。

是非その中に、ここぞという時に着る一枚を追加してみませんか。

袖を通したときにえも言われぬ心地よさに包まれますよ。

シャツは直接肌に触れるもの。

どれだけ自分を思いやれるかの証明でもあります。

 

私個人の話で恐縮ですが、結構、いやかなり肌が弱かったりします。

まず、化繊は一発で被れてしまいます。

某ブランドのオックスフォード生地のシャツを着ていても首と脇の下が被れました。。

下着はボクサーショーツ履けません(笑)。

学生時代はかなり悩まされました。。

学生服の生地たるや。。。

私と似た様なことでお悩みの方には、いわゆるクオリティを重視した生地はお勧めです。

手縫いの柔らかな着心地と相まって、ストレスはかなり軽減されると思います。

もちろん、上質さを追求したシャツをお探しの方にもお勧めです。

 

それではまた。

 

檀崎

MARK DOWN Dress

こんにちは。

 

本日は、前回に引き続きMARK DOWNのお品物をご紹介させて頂きます。

今回はドレス編です。MARK DOWNの商品の中でも特にお勧めなAlfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】を中心にご紹介させて頂きます。

 

それでは早速。

先ずはリネンのネイビージャケット。

淡いネイビーの色が爽やかな1着です。

DSC08458

コットンリネンのVincenzo di Ruggiero【ヴィンツェンツォ・ディ・ルジエッロ】のシャツコーディネート。

カジュアルシーンではポロシャツ等でも様になるジャケットです。

DSC08460

続きましてこちらはチェックジャケット。

ベージュとライトブラウンで落ち着きのある雰囲気の1着。

DSC08459

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】のワンピースカラーシャツにライトグレーのウールパンツに合わせてみました。

少々カジュアル感のあるジャケットですので、シャツとパンツは綺麗目なアイテムを選択し、品のあるコーディネートに。

DSC08470

こちらからスーツです。

ダークネイビーのトロピカルスーツ。

ビジネスシーンからフォーマルシーンまでお召し頂ける多様性の高い1着です。

DSC08468

ビジネスシーンでは、白シャツにネイビー小紋タイを合わせ王道且つ、クラシックな雰囲気でお楽しみ頂きたい1着です。

DSC08469

こちらはコットンスーツ。

色は濃過ぎず、明る過ぎないベージュでございます。

DSC08462

ストライプシャツにテラコッタカラーのニットタイでゴーディネートして見ました。

シャツやタイなど合わせるアイテムを変更し、秋にお召し頂く事も可能でございます。

DSC08466

こちらはブラウンスーツ。

トロピカル組織でございますが、生地表面が少々起毛しており、大変珍しい生地でございます。

ジャケット、パンツ単品使いでもお勧めでございます。

DSC08461

ロンドンストライプのシャツにブラウン小紋タイ。1トーンで落ち着きのあるコーディネートに。

DSC08464

是非、ご検討下さいませ。

 

MARK DOWN商品はこちら

 

 

 

またinstagramも更新しております。皆様のフォローといいねが牧野の励みになります。

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F 2F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS