カテゴリー

Sharon Staff

Jacket Style

こんにちは。

 

暑い日が続き、タイドアップするにはなかなか厳しい季節がやってきましたね。

スーツに比べ、ジャケットの登場回数も増えてきていると思いますので、スタイルに合わせてジャケットのコーディネートを組んでみました。

 

それでは早速。

Sciamat【シャマット】から、ネイビーバーズアイを使用したドレスジャケット。

IMG_6855

梳毛ウールを使用したドレス感のある生地ですが、腰ポケットをアウトパッチにしたカジュアル仕様に。

シャマットの、カジュアルな中にエレガントさを持ち合わせる独特の空気感に合わせてオーダーした1着です。

 

IMG_6854

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】ONE PIECE COLLAR 200/2 SHIRTS Col.SAX

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】COTTON POCKET SQUARE Col.SAX

ワンピースカラーのドレスシャツに、ベルトレスのウールパンツを合わせて。

このドレスパンツは、ニコラ氏が良く履いている太めウエスマンのクラシックモデルをそのまま再現してもらいました。

IMG_6862

特徴的なウエスト周りですが、履くとシャツが被さるのでインパクトはそれほど。

シャマット感ありありの直球の合わせ方かもしれませんが、これを出来る方もかなり限られると思うので、どうでしょう。

 

同じくシャマットから、ブラウンホップサックジャケット。

ウール・シルク・リネンの3者混生地を使用した、好きな方には堪らない混率の1着。

3パッチポケットにしてカジュアル色を強くしました。

IMG_6856

G.Inglese【ジ・イングレーゼ】ONE PIECE COLLAR LINEN SHIRTS Col.WHITE

デニムスラックスとリネンシャツを合わせて。

このデニムスラックスはドラッパーズのデニム生地を使用したもの。

IMG_6863

ヴァレンチノ氏が履いていたものをそのまま形にしてもらった特別企画品。

年間通して使えるデニムスラックスは便利なのに、なかなか流通していないアイテムでもあります。

 

つづいて、Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】からネイビーのリネンジャケット。

IMG_6858

ハリのあるリネンを使用しているため、「形崩れ」しにくく、なるべく綺麗な状態をキープ出来ます。

育て甲斐のある1着です。

IMG_6857

Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】LINEN 3B JACKET

FEDELI【フェデーリ】KNIT POLO Col.WHITE

Le Spade【レ・スパーデ】NO PLEATED COTTON PANTS Col.BRWON

ニットポロにコットンパンツを合わせて、カジュアルフライデーに。

手縫い感溢れるシリカのジャケットは、ドレスダウンした着こなしも調度良い塩梅に仕上がります。

 

Sartoria Solito【サルトリア・ソリート】からはネイビーのホップサックジャケットを。

IMG_6859

60%モヘアが入っており、軽くて皺の入りにくい素材感ゆえ、トラベルジャケットとしても使えます。

夏のご旅行に向けていかがでしょう。

 

IMG_6860

MONTESARO【モンテサーロ】LINEN SHIRTS Col.SAX

Le Spade【レ・スパーデ】ONE PLEATS WOOL PANTS Col.LIGHT GRAY

ウールホップサックですが、ソリートの端正な面構えからは、やはりドレス感のある合わせをしたくなります。

リネンシャツとライトグレーのウールパンツを合わせ、なるべく暑さを感じさせない色と素材感で。

もちろん、デニムやコットンスラックスと合わせて旅先のディナーにも。

 

ちなみにシャツの合わせは、シャマットにはG.Inglese【ジ・イングレーゼ】が、シリカやソリートにはMONTESARO【モンテサーロ】が雰囲気共に相性が良いと思っています。

生産地がそれぞれ同じということもありますが、襟立ち良くスッキリとした襟のイングレーゼは、シャマットと合わせるとより引き立ちますし、モンテサーロはシリカやソリートと合わせるとゴージの角度や曲線具合が似ており、合わせるとまとまり感が出ます。

 

気になる方は是非。

 

それでは、良い3連休をお過ごし下さい。

 

檀崎

Sartoria Solito【サルトリア・ソリート】最終入荷

こんにちは。

 

6 月も終わりに近づいておりますが、シャロンでは重衣料の入荷がまだまだ続いております。

 

ここにきて!?

 

はい、ここにきてです。

本来であればもう少し早く入荷してくる予定でしたが、若干遅れての入荷となりました。

分納で入荷して来ていたSartoria Solito【サルトリア・ソリート】今季最後の入荷です。

 

入荷したのはジャケット1型とスーツ1型の2型。

ようやく今季の25着が揃いました。

 

入荷したのはネイビーホップサックのジャケット。

DSC08399

 

モヘアが強めに入っており、清涼感たっぷり。

ウールパンツと合わせてもデニムやコットンスラックスと合わせてカジュアルに崩してもいける万能な1着。

DSC08400

 

軽めの目付ゆえ通気性も良く、なんといってもモヘア混ホップサック生地のハリ感がたまりません。

ソリートのバスト周りと二の腕をたくましく見せる造りには、とても相性の良い生地です。

DSC08403

 

続いて、プレタでは初の入荷となる6Bスーツ。

ジェンナーロ氏がよく着ている事も有り、オーダーでは人気の高い形。

DSC08404

こちらもス・ミズーラをベースに何度もパターンを検討し(これを作るのに日本とナポリを何度も往復しました)、日本人向けにサイズバリエーションを組んだもの。

バイヤーから職人、現場での販売を通して吸い上げたお客様の声を、全て反映させて作り上げたモデルです。

 

外観において、6Bモデルはハウスカットのまま。

非常に端正な外観です。

DSC08405

力強いピークドラペルの雰囲気から、3Bに比べバスト周りがさらに豊かに見えます。

胸板の有る方にはもちろんのこと、私の様な胸板が貧相な人にとっては、スーツが体型補正してくれるので、着たときの見栄えが良いです。

仕様生地はロロピアーナ【タスマニアン】。

スーパー150′sの生地ですが、滑らかな中にハリとコシを備えた優れもの。

相物を想定した目付ですが、都心部などでは真冬も十分通用する生地です。

 

プレタポルテをやっていると、オーダー会をやっているんだから必要ないんじゃないの?と聞かれる事があります。

これは、オーダーだと出来上がりまでどんな形になるか解らないわけで、前もって形が解っていれば出来上がりも想像し易いとの思いから。

それに、プレタポルテに落とし込んでいる生地でオーダーしようと思うと、かなりの価格になります。

高級素材を縫うのはサルトリアにとっては名誉のあることですが、かなりの労力を強いるからです。

これをプレタポルテにして価格を抑え込んでいるわけです。

もう一つ、ナポリは現在進行形で人材不足に悩んでいるわけでして、それはBIG5であるソリートも同じです。

どこのサルトも人という観点では非常に悩んでおり、つまり、今と同じ工程を経て作られたものが来年には手に入らないかもしれない、というとても難しい現状があります。

これを何とかしたいという思いから生まれたのがプレタポルテです。

弊社のSartoria Solito【サルトリア・ソリート】の商品は、間違いなく全ての工程をソリートの工房で作り出されたもの。

職人の仕事を生み、雇用の機会を創出し、手縫いの文化を残すための一環として生み出したものです。

利益という観点からは、はっきり言ってしまうと大量生産出来る物の方が良いわけですが、職人がとてつもない時間をかけて作り出した物にこそ、本当に価値ある物だと思いませんか。

 

どちらも数着での入荷ですので、気になる方は是非。

それではまた。

 

檀崎

お待たせ致しました。

こんにちは。

 

5月も半ばを迎えて汗ばむ日が増えて来ましたね。

そろそろタンスの中身を夏物に本格以降していくシーズンではありますが、シャロンではここにきて大量入荷を迎えました。
5月半ばにして、ようやくの入荷(汗)。

ここでさらっとご紹介致します。

 

Sartoria Solito【サルトリア・ソリート】からは、3パッチのジャケットの他、スーツも入荷。
DSC08312
このジャケットは、ロロピアーナのヴィンテージファブリックを使用したもの。

ルイジ・ソリート氏いわく、「(制作途中のジャケットを)工房に置いてたら、2人のお客様から欲しいと言われて困った」とのこと。
オーダーを逃したと悔しがっていました。

生地が限られていますので、5着のみのご用意です。

 

G Inglese【ジ・イングレーゼ】からは、盛夏を意識したカジュアルシャツの他、高番手生地を使用したドレスシャツもご用意。

DSC08309

この写真にはありませんが、今季のドレスシャツは、DJA【デイビット・ジョン・アンダーソン】の生地からピックアップしています。

高級番手生地としては最高峰、イングレーゼ社では通常オーダー専用としてご用意しているバンチからピックアップ、ですのでなかなか既成品ではお目にかかれません。

 

MAURO GOVERNA【マウロ・ゴヴェルナ】からはリゾート感溢れるエクスクルーシブモデルが届きました。
DSC08308
リネン×カーフのコンビです。
清涼感のあるコンビですので、これからの時期スタイルのアクセントに。

 

お問い合わせの多かったFEDELI【フェデーリ】も、ようやくフルラインナップ揃いました。
まだまだ朝晩と寒暖の差が激しいので、ブルゾンの動きが良いです。
DSC08310

 

シンプルながらもクオリティの高さが際立つENRICO MANDELLI【エンリコ・マンデッリ】。

DSC08313
この手のブルゾンは春と秋の端境期に活躍するので、持っておくと便利なアイテム。

 

この他にもたくさんの商品が入荷致しました。

気になる方はぜひ、店頭までお越し下さい。
それでは、良い休日を。

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS