JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

Solito Wool×Mohair SUIT

こんにちは。

 

今期のソリートの入荷はいつですか?という問い合わせが増えてきました。

「もうそろそろですので、少々お待ちください」

というお答えをすることが、最近多いこと(笑)。

 

店頭のみ販売しているサルトリア・ソリートですので、店頭までお越し頂けないお客様とっては、どんな商品をご用意しているか解らない方も多いはず。

そこで少しずつ、今現在ご用意のあるラインナップもご紹介していこうと思います。

 

今回はこちらのスーツです。

 

写真 2018-04-10 13 19 02

Solito House esclusiva per Sharon【ソリートハウス・エスクルーシヴァ・ペル・シャロン】Wool×Mohair 3B SUIT

ウール70%、モヘア30%の混率生地を使用した春夏用のスーツ。

Holland &Sherry【ホーランド&シェリー】のバンチからピックアップしています。

ナポリサルトでは定番とも言えるほど、どこのサルトにも中心バンチとして置かれている非常に信用度の高いマーチャントです。

 

写真 2018-04-10 13 15 31

モヘア混の生地は適度なハリとコシがあり、綺麗にドレープラインが出る上、シワが入りにくいのが特徴。

オーダーでは仕立て栄えするため、どの職人もオススメする生地ですが、逆にプレタポルテではあまり見かけない生地でもあります。

何故、、なんでしょうかね。。

 

写真 2018-04-10 13 15 51

色味は濃すぎず、明るすぎずの良い塩梅のブラウン。

探しても中々見つからない色味です。

非常に落ち着いてしまう色味なので、着る人が限られてしまうブラウンですが、この色はどこか若々しさを感じさせます。

枯れた色というよりは、むしろ清潔感を感じさせる色味です。

 

「オーダー会をやっているのに、何故プレタポルテをやっているんですか?」

と良く問い合わせを頂きますが、オーダーは出来上がりを見るまで実物を観れませんが、プレタポルテは完成されたデザインの物を実際に観る事が出来ます。

また、オーダーでの1年という期日を待つ事なく、袖丈と股下の補正程度でシーズン内を着て楽しむ事が出来ます。

そして、全ての工程がサルトリア・ソリートの職人の手によって縫われています。

なるべく個体差が出ないよう、同じ職人に縫ってもらうように取り計らってもいます。

 

オーダーを検討されている方でも、このプレタポルテでサイズが合えば十分楽しんで頂けるよう、何度も試行錯誤しながら出来上がったものです。

ソリートは非常に軽い着心地で有名です。

「羽衣を羽織るような軽さ」などとも言われます。

個人差はあるかもしれませんが、是非一度体感してみてください。

ビスポークの本場である英国・ロンドンにおいても絶大なる人気を誇ります。

 

それではまた。

 

檀崎

 

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS