JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

2018S/S Solito【ソリート】入荷

こんにちは。

 

「いつ入荷するんですか?」との問い合わせに答えて、ついに入荷してきました。

Sartoria Solito【サルトリア・ソリート】のプレタポルテライン、Solito House esculusiva per Sharon【ソリートハウス・エスクルーシヴァ・ペル・シャロン】。

 

入荷のモデルをさらっとご紹介致します。

 

Loro Piana Super 150′S Wool 3B SUIT

写真 2018-04-13 15 24 51

ロロピアーナ社の「タスマニアン」スーパー150′Sを使用した3ツ釦シングルスーツ。

スーパー150′Sというとダメージ等気にしてしまうと思いますが、生地の滑らかなタッチに反して強度のある生地。

柔らかな着心地と上質感を感じて頂ける1着。

 

写真 2018-04-13 15 25 28

いわゆる「紺」色の代表的な色味。

濃すぎず、薄すぎずビジネスにおいては場所を選ばない使いやすい色味です。

スーパー150′Sなので光沢感はありますが、上質さが解る光沢感ですし、自然光ではあまり気になりません。

 

H&S PinStripe Wool 3B SUIT

写真 2018-04-13 15 29 47

名門H&S【ホーランド&シェリー】の生地を使用したグレーピンストライプ。

スーパー120’sの目付け265gくらいの軽めの合物ですので、春夏秋と3シーズンいける手堅い生地です。

実際見ると軽そうに見えません。

端正な1着。

H&Sの生地はまず既製品では出て来ませんが、オーダーにおいては非常に信頼のあるマーチャント。

特にナポリでは、どのサルトでも中心バンチとして置かれています。

サルトによってはスペシャルバンチが用意されているほどです。

 

写真 2018-04-13 15 30 17

英国らしい派手さのない、スーパー120′Sとは思えないほどしっかりとハリコシのある生地。

長年に渡って付き合うことのできる、信頼感を感じさせます。

サルト物は、使う人によっては10年以上持ちますからね。

 

H&S Twill Wool 3B SUIT

写真 2018-04-13 15 32 30

こちらもH&S【ホーランド&シェリー】の同じバンチからピックアップした、3ツ釦シングルスーツ。

先ほどのロロピアーナに続き、今季はネイビー無地のスーツを2型ご用意しています。

こちらは濃紺。

誠実な印象を与える1着。

 

写真 2018-04-13 17 00 56

ピンストライプと同じ、目付け265gの合物生地。

かなりハリコシを感じるので、300g近くある様な印象を受けると思います。

 

FLESCO Wool HopSack 3B SAFARI JACKET

写真 2018-04-13 15 34 35

春夏では定番とも言える、「フレスコ」生地を使用したサファリジャケット。

ドレッシーさとカジュアル感をミックスさせた、都会的な1着に仕上がりました。

 

写真 2018-04-13 15 35 17

背中のアクションプリーツに加え、ポケットにもプリーツを入れた、手の込んだ作り。

サファリジャケットはソリートでも世界初の試みとなります。

もちろんビスポークでも経験が無かったようなので、ゼロベースから形を起こしてもらった完全オリジナルデザイン。

 

写真 2018-04-13 15 34 59

ざっくりとしていながら、柔らかな生地感。

ウール100%ですが、ナチュラルなストレッチ感を感じていただける生地です。

 

最後にディスプレイ。

写真 2018-04-13 14 04 41

SUIT/Loro Piana Super 150′S Wool 3B SUIT

SHIRT/MONTESARO BUNKER STRIPE SHIRT

TIE/Giusto Bespoke Paisley TIE

 

気になる方は是非店頭までお越し下さい。

それではまた。

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS