カテゴリー

Sharon Staff

GRAIN LEATHER LOAFER

こんにちは。

 

先日、弊社オーダーシューズIl Cielo【イル・チェーロ】の納品がありましたので、ご紹介させて頂きます。

 

関西方面からいらして下さったお客様で、お忙しい中わずかな時間を見つけて御来店下さいました。

撮影の許可を下さり、誠に有り難うございます。

 

お見立て頂いたのはこちらのローファー。

DSC06939

既存のローファーの形に、シボ革をのせました。

動画のものとはまた違うシボ革になりますが、俄然人気のある革です。

深めのシボ感が、良い具合にカジュアル感を出しています。

 

DSC06940

横顔も端正な顔立ち。

 

革の質感、色味を拡大するとこんな表情。

DSC07075

ちなみに、この革も無くなり次第終了の稀少な革。

フランスはアノネイ社によるもの。

 

初オーダーでローファー、というのはパターンオーダーでもなかなかの職人泣かせらしく、足形によっては仮縫いを挿んで頂く場合もございますが、それでも受注を頂きますのはデザインバランスの良さゆえ。

 

ハンドソーン・ウェルテッドは、グッドイヤー・ウェルテッドとは違い、屈曲性に優れ、副資材も最小限に留めているため履いたときに軽さを感じます。

しかも、採寸から職人が行うパターン・オーダーですので、とても贅沢な時間を体験出来ますよ。

 

ご興味がある方は是非お問い合わせ下さい。

 

それではまた。

お問い合わせはこちらから

 

檀崎

足音・・・。Il cielo【イル・チェーロ】

皆様、こんにちは。

 

足音・・・。非常に気になるタイトルではないでしょうか?

同じブランドの靴を履いているのに皆、それぞれ足音が違い深く考えると面白いものです。

 

今回は、スタッフの足音!?ではなく、足元をご紹介させて頂きます。

 

まずは、こちら。

DSC06727

Uチップ。ドレスからカジュアルまで様々なシーンで履いて頂けるデザイン。

DSC06728

非常にきめ細かいアノネイのシボ革を使用しております。

DSC06729

次はこちらの一足。

DSC06730

2アイレットダービー。こちらの革もアノネイのもの。

DSC06731

色はバーガンディ。靴を磨くクリームの色によって経年変化を楽しめそうです。

DSC06732

Uチップ。一番最初のUチップとは少しデザインが違います。

DSC06733

アイレット数やトゥの形状、外羽部分の形状など。細かなディティールまで拘りを・・・。

DSC06735

スウェードはC.Fステッド。しっとりとしています。

DSC06734

最後にローファー。春夏は素足履き、秋冬はカジュアルなホーズでも良さそうです。

DSC06736

デザインは非常にシンプル。コインローファーのような窓枠が無く、ベロは丸く、短いもの。

DSC06737

 

ご紹介させて頂いたシューズはすべて職人が手縫いで作り上げるパターンオーダーの逸品。詳しくはこちら

 

今回、新たにIl cielo【イル・チェーロ】のプレタラインが登場致しました。プレタとは言え、こちらの逸品もハンドメイド。

ハンドソーンウェルテッド製法のシューズですので履き始めから柔らかく、足が包み込まれているような感覚が特徴です。グットイヤーウェルト製法などのマシンメイドの苦行を耐える必要がありません。(笑)

 

それではご覧下さい。 ダークブラウンのスウェードローファー。

DSC06742

後ろの見た目も重視し、ヒールのセンターはシームレス。

DSC06743

一針、一針丁寧に施されたモカ縫いも靴好きにはたまりません。

DSC06744

こちらはブラックのスウェード。

DSC06745

黒のスウェードローファーはプレタではあまりお目にかかれません。

DSC06746

表革では出せない、裏革の色気がございます。

DSC06747

 

履き心地が柔らかく、足が包み込まれるような感覚のIl cielo【イル・チェーロ】のシューズ。一度、お試し下さいませ。

 

良い靴は良い場所に連れて行ってくれる。そう、信じて。

 

牧野

 

Sharon【シャロン】

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F 2F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

春の装い

こんにちは。

気温も温かくなり大変、過ごし易い季節になって参りました。店頭ディスプレイを変更致しましたので、ブログでもご紹介させて頂きます。

 

まずは、Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】のホップサックのジャケット。

DSC06583

カジュアルでもビジネスでもお召し頂ける逸品でございます。肩にかけているニットはFEDELI【フェデーリ】のカシミア100%極上素材。カシミアの中でも繊細な原毛を使用したミリオネアの肌触りは驚くほどトロトロでうっとりしてしまいます。

DSC06586

Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】はサルト物(手縫いの物)の入門に適したジャケットでございます。

腕の稼動域を大きくする為にイセ込みを多く入れ、ナチュラルなマニカカミーチャの袖付けから生まれる”空気をまとった様な着心地”。ハトメ穴のハンド釦ホール。小さめで幅のあるバルカポケット。ハンドのダブルステッチや前抜けダーツ。柔らかい芯材を使用しており、経年変化でフロントが優しく返ってくる雰囲気など。

“ナポリの手縫いジャケット” らしさ というものが詰まっているからです。

 

 

1F ドレスのディスプレイも合わせてご紹介させて頂きます。

DSC06587

サルト物好きの玄人の方々は一目で分かるスーツではないでしょうか。

Sciamat【シャマット】のスーツは日本人の体型を考慮し、前肩設計のパターンを使用した非常に軽く柔らかな作りとなっております。

一般的に柔らかい生地を仕立てる際はなるべく表地が動かない様に芯地を貼り付け縫製にかかりますが、Sciamatの商品に関しましてはほとんど芯地を使用せず、

ふんわりと立体的に仕上がっており、技術力の高さが伺えます。

 

 

シューズはIl cielo【イルチェーロ】のハンドメイドで仕上げるパターンオーダーサンプル。なんと、Il cielo【イルチェーロ】プレタポルテのシューズを展開する事になりました。また後日、ご紹介させて頂きます。

DSC06588

 

 

Sharonでは今季S/Sのアイテムは8割程入荷しており、充実したラインナップとなっております。お近くにお越しの際は是非、お立ち寄り下さいませ。オンラインショップも随時アップ予定ですので、もう暫くお待ち頂ければ幸いでございます。(汗)

 

Sharonで大人の春スタイルを・・・。

 

 

Sharon

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F 2F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS