JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

Sartoria Sharon -Formal Suit and Special Coat-

皆さま、こんにちは。

 

昨日から急に寒くなりましたね。また金曜日から暖かくなるようで体調を崩されない様ご自愛くださいませ。

本日はトランクショーに向けて、Sartoria sharon【サルトリア・シャロン】で仕立てたフォーマルスーツと、トランクショー特別企画のオーダーコートをご紹介いたします。

 

まずは、こちらのフォーマルスーツです。

少し大き目のピークドラペルで、フロントボタンは拝みの1つボタン仕様です。

くるみボタンを使う事でより精悍な印象となっております。

生地はウールモヘヤのドスキンを使用しており、生地の光沢とドレープの陰影が華やかな慶事に最適なフォーマルスーツとなっております。

IMG_7642

通常のパターンオーダーでは、ミシンを主体とした製品が一般的ですが、Sartoria Sharonは、他に類を見ない手縫いを主体としたパターンオーダーとなっております。そのため、イセ込みの量など、技術的な制約があり画一的な縫製のマシンメイドでは実現できない作りとなっております。

IMG_4700

袖のイセ込みなどは、写真でもわかりやすいかと存じます。

柔らかく手で縫いつけられた袖にはマシンメイドには無い柔らかさがございます。

そして手縫いは、均一的な強さで縫うミシンと違い、ひと針ひと針の縫いの強さを調節したり、敢えて甘く縫うことにより体が動かしやすくなります。

IMG_5354

ラペルのハ刺しも手縫いで行っておりますので、生地の硬さや柔らかさを考慮しながら縫いつけの加減も微妙に変化させています。

故にふんわりとした美しいラペルの返りの表情となります。

IMG_6450

ボタンホールももちろん手縫いで行なっております。

 

そしてパンツもハンドメイドで制作しております。

IMG_1307

IMG_0606

パンツの前立て部分はボタンフライのパンチェリーナ仕様です。

ボタンとボタンホールの間にゆとりが出来る分、履心地がよくなります。

 

もう少し、カチッとした物をご希望のお客様には、新しいモデルをお薦め致します。

新たに作ったモデルは、芯材を変更する事により胸まわりのハリが増し、肩まわりのイセ量を少し少なくする事で、より中庸な印象となっております。

サンプルをご用意しておりますので、トランクショーの際に、ぜひ実物をご覧下さいませ。

 

続いては、コートで御座います。

IMG_0255

ショート丈のダブルのコートなのですが、ポロコートともピーコートとも違い、独特の上品さがあります。

生地はAGNONA【アニオナ】のメルトンツイルを使用しており、生地の柔らかな雰囲気が上品さをより一層引き立てております。

IMG_2827

IMG_8266

IMG_1183

カジュアルなパンツやミドルゲージのニット類とも相性が良く、またジャケットの裾がしっかり隠れる長さですので、オンオフ問わずご着用頂ける一着です。

オーダー頂く生地によって、よりカジュアルにもよりフォーマルにもなる特別企画のコートをこの機会にぜひご注文下さいませ。

 

皆さまのご予約を心よりお待ちしております。

 

TRUNK SHOW
・開催日程:5月11日(金)・12日(土)・13(日)12:00~20:00(最終受付19:00まで)
・開催場所:Sharon 2F
・所要時間:約1時間

・サルトリア・ナオイ価格
SUIT:¥400,000(税別)〜
JACKET:¥300,000(税別)〜
PANTS:¥100,000(税別)〜
COAT:¥450,000(税別)〜
・納期:約1年
・仮縫い、中縫い付き

・サルトリア・シャロン価格
SUIT:¥250,000(税別)〜
JACKET:¥195,000(税別)〜
PANTS:¥55,000(税別)〜
COAT(トランクショー限定):¥270,000(税別)〜
・納期:約2ヶ月
・仮縫い:コートのみ
・直井茂明本人による直接採寸
・事前予約制

 

お問い合わせ:株式会社イプシロン・シー・カンパニー
〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F-4F
Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00~20:00)
Mail:こちらから

 

萱場

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS