JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

LUCA AVITABILE IN STORE NOW

こんにちは。

 

GWの最終日、ゆっくりされている方も多いのではないでしょうか。

店頭ではGW中に盛夏物の入荷があり、早くもサイズが欠け始めたブランドがあります。

2017年F/Wより新しく取扱を開始したナポリのカミチェリア、LUCA AVITAVILE【ルカ・アヴィタービレ】です。

 

それでは入荷してきたものを少しだけご紹介致します。

 

フライデーポロ

IMG_1844

左から白・ネイビー・サックスブルー・ブラウンの4色

 

今季から初展開となるロングスリーブのポロシャツを2型ご用意致しました。

スキッパーとボタンフライの2型、色もそれぞれ4色での展開。

日本ではあまり馴染みのない長袖のポロシャツですが、イタリアを始め、ヨーロッパではどのお店でも必ず置いてある程の定番アイテムです。

週末のスーツやジャケットのインナーとしては適度なカジュアル感で、使い勝手が良いことからフライデーポロとも呼ばれています。

欧州の著者のドレススタイルを指南する様な本では、必ずと言っていいほど出てくるアイテムでもあります。

 

まずはスキッパーから。

IMG_7620

身長168センチ・体重60キロ Sサイズ着用

スリットが入った開衿タイプの襟型。

とてもリラックスしたカジュアルな印象を与えます。

全体のバランスは、ス・ミズーラをベースに日本人向けに調整。

日本では馴染まなかった理由の一つとして、「クラシカルすぎて野暮ったくなる」というのがありますが、スッキリとした印象に仕上がりました。

 

シルエットがスッキリとしているので、着丈を出して着ても良い印象です。

IMG_2544

着丈は、パンツインして着れる様に、実際はもう少し長めの設定。

写真では見栄えの関係上着丈を調整していますが、裾にはスリットが入りますので、出して着た際には軽快な印象になります。

IMG_2437

 

続いて、オーソドックスなボタンタイプ。

IMG_5665

身長168センチ・体重60キロ Sサイズ着用

襟は、ジャケットのインナーを想定して、カラーステイも入る様になっています。

 

タックアウトしても、スッキリとした印象。

IMG_8842

こちらも撮影の関係上、裾を折り曲げてしまっていますが、実際はシャツテールです。

IMG_4448

 

ジャケットを着てみると、

IMG_1484

襟が潰れず、綺麗なロール感が出ます。

普通のポロシャツだと襟が潰れて首回りが汚く見えてしまいがちですが、ドレスシャツと同じ襟型を採用していますので、ラペルからポロシャツの襟が出てしまうこともありません。

IMG_7764

首回りはスッキリとして綺麗です。

 

続いてドレスシャツのご紹介。

IMG_2804

今期もルカ氏の持ち生地から全てピックアップ。

 

さらっとご紹介していきます。

IMG_5894

左の様な濃いめのサックスはオーダーでないとあまり出てこない色。

肌触りの良いポプリンです。

右のハケ目はヘアラインストライプの様な綺麗なサックス。

いずれも160双の上質な生地。

 

これからの時期には最適なコットンリネン。

IMG_4386

コットン70%リネン30%の黄金比。

コットンが入るとシワが入りにくくなりますので、さらっとした肌触りを楽しむにはとても良い生地です。

 

ツイルとロイヤルオックス。

IMG_1497

左がドレスで最も使いやすいツイル生地。

耐久性、適度な光沢感と、通年通して使いやすい生地です。

右はロイヤルオックス。

120双糸の肉厚な生地、さらっとしたドライな肌触りですので、これからの時期でも肌に張り付きにくいので快適です。

 

ピンオックス。

IMG_1659

細かなオックスフォード生地ですので、スーツで着ても違和感を感じません。

手触りも滑らかなトーマスメイソンの140双糸を使用。

 

以上、商品紹介でした。

連休の後のなかなか仕事モードに入れない気分を、新しいドレスシャツで気分を上げてみては如何でしょう。

 

それではまた。

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS