JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

2018S/S商品入荷始まりました。

こんにちは。

 

三連休、比較的穏やかな天気に恵まれましたね。

暖かくなって来たからか、骨董通りでもランニングされている方も心なしか増えている気がします。

そして、暖かい日が続くとやはり春物に目が行きます。

 

シャロンでも徐々に春物が入荷して来ましたので、ご紹介致します。

 

弊社でもおなじみとなったナポリのサルト、Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】からジャケットとスーツが入荷。

 

単ジャケとしてはオーソドックスなホップサックジャケット。

今期はモヘア混の入荷です。

写真 2018-02-12 10 26 32

写真 2018-02-12 10 26 38

写真 2018-02-12 10 27 00

清涼感のある生地で通気性にも優れていますので、これからの時期には非常に使えます。

またシワにもなりにくいので、トラベルジャケットとしても優れており、出張や旅先で使うジャケットとしても最適です。

コーディネートに困った時に助けてもらえる1着です。

 

リネン100%のベージュジャケット。

キャメルのような色合いで、身体に馴染ませた時にどうなっているか、想像するのが楽しみな1着。

写真 2018-02-12 10 28 09

写真 2018-02-12 10 28 31

写真 2018-02-12 10 28 21

軽い目付けの生地ゆえにシワは入りやすいですが、それがまた独特のアジとなるのがリネン生地の良いところ。

デニムを育てるのと似た感覚ですね。

ジャケットは例年通り腰のポケットをパッチにして、カジュアル感を出しています。

 

スーツはグレンチェックをご用意しました。

写真 2018-02-12 10 31 08

写真 2018-02-12 10 31 13

写真 2018-02-12 10 31 19

ウール 100%のツヤ感のある生地。

軽めの目付けですが、真夏を除く相物として十分に使えます。

比較的柄のはっきりした生地ですので、いい意味で春夏には若々しく、清潔感のある1着です。

上下別々に使用することも出来るジャケットです。

 

写真 2018-02-12 10 32 05

写真 2018-02-12 10 32 15

パンツは1プリーツのパンチェリーナ。

デザインは変えていませんが、サイズバランスを調整。

弊社職人の直井茂明監修のもとに行いました。

因みに、ジャケットも弊社独自の補正を施し、立体感をより感じるつくりにしています。

 

マイナーチェンジですが、職人の掛け合いの元に生まれた新しいシリカです。

 

また、F.Marino【フランチェスコ・マリーノ】も同時に入荷。

春らしい柄物が多数出揃いました。

写真 2018-02-12 10 48 25

写真 2018-02-12 10 50 03

リネンシルクのプリントタイはペイズリー柄が新鮮。

 

写真 2018-02-12 10 51 10

 

クラシカルな小紋柄はコットンシルク素材で、春夏らしい軽めの素材感。

 

写真 2018-02-12 10 51 47

定番の無地は定番のツイル素材の他、軽さを意識したフレスコタイはスーツ、ジャケット共にスタイルを選ばず活躍します。

 

以上、商品紹介でした。

各点少量入荷ですので、気になる方はお早めに。

 

それでは三連休の最終日、良い1日をお過ごし下さい。

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS