JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

Sciamat【シャマット】2017F/W入荷

こんにちは。

 

本日は、Sciamat【シャマット】の2017F/W商品が入荷致しましたので、ご紹介させて頂きます。

入荷を心待ちにして頂いておりましたお客様も多かった為、年末ぎりぎりになり、心苦しく存じます。

 

大変、長らくお待たせ致しました。

それでは早速ご覧下さいませ。

 

まずはジャケットから。

Drapersのカシミア100%、非常になめらかな生地を使用しております。

コットンネルのシャツには勿論の事、タートルニット×コットンパンツなどにコーディネートして頂きたい逸品です。

ファイル 2017-12-26 19 35 26

ヘリンボーン柄の幅も約8mmとやや太めでクラシカルな雰囲気の1着に仕上がりました。

ファイル 2017-12-26 19 54 47

こちらはチャコールグレーのホップサック。

ファイル 2017-12-26 19 36 15

ROYAL CASHMEREのカシミア100%

繊細なカシミア原毛をふわりと空気を含ませながら織り上げられた様なタッチをお楽しみ頂けます。

ファイル 2017-12-26 19 36 24

そして今回もシャマットのパンツをご用意させて頂きました。

2型共にウール100%の生地を使用しております。

ファイル 2017-12-26 19 34 40

シャマットのパンツは裾にかけて細くなる美しいシルエットにも関わらず、足捌きが行い易い為、歩行時や着座時に負荷を感じにくい作りとなっております。

一度、お召し頂ければご理解頂けると存じます。本当に履き心地いいですよ。

ファイル 2017-12-26 19 34 59

今季は2型共に1プリーツでオビ幅が太く、長いベルトレス仕様です。

ファイル 2017-12-26 19 35 15

 

ここからはスーツをご紹介させて頂きます。

下の写真をご覧になり、何か違う・・・と感じた方は、シャマットーゾです。(笑)

※シャマットーゾとはイタリアでシャマットをこよなく愛し、着用されている方の総称。

日本で言うアムラー的な感覚でしょうか。

ファイル 2017-12-26 19 35 51

ジャケットとの違いは袖付けです。

シャマットではベーシックな袖、ややポッコリ袖、ポッコリ袖の3種類の袖付けがハウススタイルとして設けられており、今季のスーツはベーシックな袖付けで買い付けております。

ちなみに今季のジャケットはややポッコリ袖です。

ファイル 2017-12-26 19 36 04

ライトグレーのウィンドウペーンのスーツ。

スーツの生地は3型共にFOX BROTHERSのウール100%。ネイビーストライプとライトグレーウィンドウペーンはハリ、コシがしっかりとした生地を使用しております。

ファイル 2017-12-26 19 37 26

OFFの日のディナーにタートルネックに合わせてみては如何でしょうか。

ファイル 2017-12-26 19 37 37

こちらで最後になります。

グレンチェックのスーツとポロコート。

スーツの色合いはミディアムグレーで柄も落ち着きのある雰囲気です。FOX BROTHERSの中でもライトウエイトの柔らかな生地を使用しております。

ファイル 2017-12-26 19 36 36

コートはROYAL CASHMEREのカシミア100%

ウエイトもしっかりとした生地を使用しておりますが、程よい光沢と極上の肌触りをお楽しみ頂ける逸品です。

ファイル 2017-12-26 19 37 14

そして今季よりブランドネームが変わりました。

【Sciamat cuce a mono per Sharon】

シャロンの為だけに縫って頂いたシャマットの証しです。是非、一度袖を通してみて下さい。

ファイル 2017-12-26 19 37 49

お客様が初めて袖を通すとき。

その洋服の歴史はそこから始まります。

 

今回1点物として◯◯◯付きコートもご用意させて頂きました。

気になる方は是非、ご覧にお越し下さいませ。

 

また、instagramも更新しております。皆様のフォローといいねが牧野の励みになります。

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

牧野

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS