JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

スーツ生地のご紹介

こんにちは。

 

本日は、スーツ生地のご紹介です。

因みにですが、先日ご紹介致しましたジャケット生地ですが、下記の生地がお品切れとなりました。

APC_0318

APC_0325

 

着分生地というのは、本当に一期一会です。また、今回ご注文頂いた生地は秋冬物ですが、季節関係なくタイミングを逃すと二度と手に入らない物も多いです。

ご紹介している生地、または実際にご来店いただいて良いと思った生地は、【迷わずその場でゲット!】がオススメです、、、!

 

それでは、生地をご紹介して参ります。

 

最初は、こちらのStandeven【スタンド・イーブン】のマスターピースです。

APC_0349

APC_0350

APC_0351

Standeven MASTER PIECE

SUPER150s WOOL with CASHMERE

Weight. 270g/m

Col.Gray

 

先ず、名前からStandeven側の自信が伺えます。

スーパー150sの原毛にカシミアをほんの少しだけ混紡しているこちらの生地。

スーパー表記の高い生地に対して、光沢感や柔らかさは良いけど、、、とお思いの方もいらっしゃるかと思いますが、マスタピースは、生地にしっかりとコシがありながら、適度な光沢と柔らかいタッチが共存しております。

打ち込みがしっかりしており、1着のスーツを作るのに42km相当の長さの糸が使用されております。

そして、価格も意外な程、手頃、、、、

このクオリティーと価格のバランスが、この生地がマスターピースたる所以だと思っております。

 

続いて、Martin&Sonsのフレスコ。

APC_0352

APC_0353

APC_0354

Martin & Sons FRESCO

WOOL 100%

Col.GREIGE

 

フレスコといえば、春夏の定番生地ですが、この生地の特徴は何と言っても色です。

ほのかにグレーがかったくすんだ色味のベージュ。

 

このような色目は、バンチを探してもありそうでありません。

 

耳を見ると取引先と思しき名前が記載されているので、おそらくそちらの企画色だと思われます。

スーツの着分ではございますが、仕立てのディテールによっては、ジャケット、パンツとセパレートでお召しいただける絶妙な色味です。

ベージュ系の色味は、その色合いの出方によって雰囲気がガラッと変わります。

この洗練された色合いを是非、店頭でご覧下さいませ。

 

最後に今回神戸トランクショーの際に仕入れた生地の中から、1着ご紹介いたします。

APC_0346

APC_0347

APC_0348

HOLLAND&SHERRY  VINTAGE

SUPER 100s WOOL with CASHMERE

Col. BLUE GRAY

ピンヘッドの織りとシャークスキンの織りが交互に繋がり大きなストライプ柄の様に見えるようになっております。

このような派手では無いけど少し変わっている生地って良いですよね。そしてカシミヤ混のしっとりとした風合い。

クラシックなものがお好みの方にも十分にご満足頂ける雰囲気がありつつ、洗練された色合いです、

目付は300g前半ぐらいですので、合物としてお楽しみ頂けます。

 

生地を見るとやはり興奮します!仕立上りのイメージをして、仕立上りを待つ時間というのもオーダーの楽しみかと思います。

 

是非、この機会に一度生地を見にご来店下さいませ。

 

Sartoria Sharon【サルトリア・シャロン】のページ内の写真を更新しております。

sartoriasharon

まだご覧になられていない方は、こちらからご覧下さいませ。

 

 

 

Sharon公式のインスタグラム、更新しております。

是非フォローしていただければ、幸いです。

 

https://www.instagram.com/sharon_minamiaoyama/

 

何卒、よろしくお願い致します。

 

 

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちら

 

萱場

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS