JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

生地、入荷してます

こんにちは。

いつもブログをご覧いただき有難うございます。

イル・クアドリフォーリオのトランクショーにお越しいただいた皆様にも重ねて御礼申し上げます。

私も現在、久内さんに1足製作をお願いしており、次回のトランクショーの時期に仕上がる予定なので、今からとても楽しみです。

仮靴を履いた時の、自分の足に合った靴を履く感動は忘れられません。

 

本日は、サルトリア・ナオイ、サルトリア・シャロンのトランクショーに向けて生地が入荷してきておりますので、ご紹介いたします。

IMG_0492

今回ご紹介するのは、グレーの無地系です。

グレーというと地味に感じられる方もいらっしゃるかと思いますが、生地の色味や質感、コーディネートによって、落ち着気のあるエレガンスを演出できるのまたグレーという色の特徴です。

IMG_1681

グレーとベージュコーディネートは、落ち着いたグレースーツに季節感と華やかさを加える効果があるのでオススメです。

まず上記の写真で使っている生地が、こちら。

ハルステッド

ウィリアム・ハルステッドのモヘヤツイルです。

ハルステッド1

ウール100%のものよりもハリがあり、とても仕立て映えする生地です。目付があるのでオールシーズンお召しいただけます。

また、モヘヤという素材自体が、世界的な需要の減少、それに伴う大手紡績工場の閉鎖等があり、今後モヘヤ混の素材自体の希少性が高まり、価格が高騰する可能性もございます。

よりやわらかい風合いや手触りの生地の方が世界的には人気があるのかもしれませんが、やはりモヘヤ独特の清涼感や防シワなどの機能性はとても魅力的です。

 

続いては、こちら。

IMG_7648

ドーメルのシック。

IMG_3052

ミディアムグレーのシャークスキンです。

Super表記はございませんが、触ってわかる素材の良さがございます。

グレーの生地で初めてお仕立てされる方には、迷わずこれ、というくらい安心・安定感のある生地です。

 

続いては、こちら。

IMG_3024

国産生地のピンヘッド。

目付が少しございますので、夏以外のスリーシーズンお召しいただけます。

こちらは、国産という事で、お見立て頂きやすい価格というのもポイントですが、生地自体の品質もSuper160sの3PLYという、なかなか珍しい生地です。

IMG_0238

触った時の風合いに驚きます。

色味は少し濃いので、茶系のネクタイや、グレー系のネクタイでモノトーンでお召しいただくのもおススメです。

 

最後は、こちら。

IMG_4078

夏のスーツ生地といえば、フレスコ。

フレスコという言葉を生地の一般名称のように使ってしまいますが、実はマーチンソンの商標で、こちらは本家のマーチンソンの生地です。

IMG_1065

フレスコ生地で、ダークグレーというとても渋さを感じる生地です。通気性、防シワ性、耐久性は折り紙付きです。

 

如何だったでしょうか。

また、次回ジャケット生地等もご紹介して参ります。

 

Sharon公式のインスタグラムを始めました。

是非フォローしていただければ、幸いです。

 

https://www.instagram.com/sharon_minamiaoyama/

 

何卒、よろしくお願い致します。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちら

 

萱場

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS