JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

マンネリから脱却

こんにちは。

本格的な秋を迎え、過ごしやすい日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

そろそろ、衣替えを考えている人も多いのではないでしょうか。

衣替えのタイミングで、新たな1着をワードローブに加えてみませんか。

IMG_4417

IMG_4420

Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ) チャコールグレーのハウンドトゥース。

ウール100%で起毛していますが、厚すぎずソフトな質感で肌触りのいい生地です。

Alfonso Sirica 従来の型紙を修正しておりますので、丸みのある肩周りが特徴です。

芯材も変更しており、ラペルのロールが美しく立体的に映ります。

IMG_4408

IMG_4409

こちらは、Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)のフランネルスーツです。

しっかりした生地で、見た目からは想像がつかないほど着心地が軽いです。

私も、ハンガーに掛かっている状態で、生地を触った時は重く感じましたが、

試着をしてみたら見た目とのギャップに驚きました。

そして、肩線から上襟にかけて美しいのぼりと、吸い付くようなフィット感は

病み付きになります。

上下バラして、単品使いもできるミディアムグレーのフランネルは、非常に使いやすく

1着は持っておきたいスーツだと思います。

IMG_4413

今週から、最低気温が1桁の日もあり、羽織物が必要になる頃かと思います

何を着ていいか迷う時に重宝するのが、ポリエステルのコート。

こちらは、取り外し可能なライニングが取り付けてあるため、気温に応じて

調整する事が出来ます。

IMG_4429

Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)は、他にもネイビー無地やグレーのヘリンボーン

など飽きる事なく末長くお召し頂ける生地や柄でのご用意もございます。

手縫い感が強く感じられますが、体に吸い付くような着心地で、男性の良さを最大限

引き出してくれます。

独特な雰囲気を醸し出しておりますが、いつも同じような雰囲気の物ばかり着用されて

いる方は、気分展開に手縫いの良さが表現されているスーツを着用されてみては

いかがでしょうか?

 

Alfonso Sirica(アルフォンソ・シリカ)

 

またinstagramも更新しております。

プライペートも交えた投稿で、私の色が出ているインスタグラムとなっております。

ご覧頂いて、面白いなと思った方は、お気軽にフォロー宜しくお願い致します。

 

何卒、宜しくお願い申し上げます。

 

〒107-0062東京都港区南青山6-6-21 グロービル青山1F〜4F

Tell:03-6418-5131(受付時間:12:00〜20:00)

Open:12:00am〜20:00pm

お問い合わせはこちらから

 

山田

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS