JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】

こんにちは。

 

今期の未入荷分のAlfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】が入荷してきました。

今期は厳選に厳選した生地選び。

ジャケット1型、スーツ1型だけですが、これで今期は完納。

 

それでは早速。

 

Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】WOOL TWILL 3B SUIT

写真 2018-04-19 10 43 19

毎シーズンほぼ入荷し、シーズン終わりには大体無くなっているネイビーツイル。

260gぐらいの軽めの目付ですので、真冬を除いた3シーズンは着用できる使い勝手の良さがあります。

 

写真 2018-04-19 10 43 25

襟のステッチはあえてダブルステッチにして、ナポリのカジュアル感を出しています。

上下バラで着ることを想定していますね。

下をスラックスにしても着れる万能さを狙っています。

ちなみに、襟のステッチは綺麗に見えるように別注。

街を歩いていても誰も気づかないと思いますが、知ってる人だけには分かる仕様です(笑。

 

写真 2018-04-20 19 51 01

ハリとコシのあるツイル生地。

ツイルゆえに適度に強度がありますので、膝の出っ張りなどの型崩れには強いです。

必然的に長く着れますので愛着も湧いてきます。

費用対効果は高めだと思いますが、いかがでしょう。

しかも、多少の体型変化でしたら、問題なく補正出来るのがサルト物の良いところです。

 

パンツはここ最近続けている、1プリーツのアウトタック。

写真 2018-04-19 10 44 08

股上は浅めですが、それがシリカのハウススタイル。

スーツは恰幅の良い方が断然カッコ良く見えますので、特にお腹周りにお悩みをお持ちの方にとっては収まりが良いと評判です。

 

そして定番のパンチェリーナ仕上げ。

写真 2018-04-19 10 44 17

苦手な方はジップフライに変更も出来ますので、ご相談下さい。

 

続いてジャケット。

Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】WOOL×MOHAIR 3B JACKET

写真 2018-04-19 10 39 14

ハリ感のあるモヘア混生地を使用したジャケット。

薄めのブラウンですが、光の加減によってはグレーに見える、落ち着きのある色味が特徴。

ウールパンツと合わせればドレス感が出て、とても綺麗なスタイルになります。

夏場はネクタイを外す事も多いですが、ジャケットの素材によってはカジュアル感が強く出てしまいます。

こういったハリのあるジャケットを羽織ると、タイがなくともエレガントに見えますね。

 

写真 2018-04-19 10 39 42

ウール73%・モヘア27%の混率で、恐らく300gくらいの生地。

適度に強度があり、さらっとした生地感を楽しむにはうってつけの生地なのではないでしょうか。

 

写真 2018-04-19 10 39 24

立体感のある襟周り。

綺麗なロール感を出すために、弊社で独自に別注を施しています。

ハリのある生地ゆえに、さらに手縫いならではの立体的な雰囲気が出ているのが分かると思います。

 

小さめのフラワーホールに、小さめのヴァルカポケット。

写真 2018-04-19 10 39 19

ポケットは襟で隠れてしまっていますが、特徴的なサイズです。

チーフを入れる方は工夫が必要かもしれません。

我々はあまりしませんが。。。

フラワーホールも良い意味でハンド感のある、小さめのもの。

様々あるハンドホールの中でも、特徴的な穴かがりですね。

 

最後にディスプレイ。

写真 2018-04-20 22 00 23

JACKET/Alfonso Sirica【アルフォンソ・シリカ】Wool×Mohair 3B Jacket

SHIRT/MOTESARO【モンテサーロ 】 DJA Cotton×Linen STRIPE SHIRTS
Col.BROWN

TIE/Giusto Bespoke【ジュスト・ビスポーク】 Silk Linen FLOWER KOMON TIE  Col.BEIGE

PANTS/Le Spade【レ・スパーデ】 1Pleats WOOL PANTS  Col.M.GRAY

 

それでは良い週末を。

 

檀崎

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS