JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

Sartoria Sharon TRUNK SHOW

こんにちは。

8月5日(金)からSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】のトランクショーを行っており、その模様をご紹介させて頂きます。

 

トランクショー限定の生地をご用意しております。

DSC07027

イタリアのサルトでは良く使用されるバンチですが、日本ではあまりお目にかかれないSTANDEVEN【スタンドイーブン】のバンチ。

DSC07028

直井本人がピンワーク致します。

DSC07025

お客様のお話をじっくりお伺いしながら最高のフィッティングをご提案致します。

DSC07017

Sartoria Sharon【サルトリア・シャロン】とは弊社オリジナルのハンドメイドパターンオーダー。

スーツはシングル、ダブルは勿論、ジャケットやパンツ、ベストもオーダー頂けます。

 

このハンドメイドパターンオーダーSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】を始めた本当の理由は日本の洋服文化レベルの向上の為。

日本人の洋服文化レベルが低すぎる事をバイヤー陣はイタリア出張に行く度に感じるそうです。香港やシンガポール、マニラ等のアジア圏のセレクトショップのバイヤー陣は手縫いの良い洋服を着用しているにも関わらず、日本人は生地感や色柄で楽しむマシンメイドの洋服を着用しています。ミシンで量産される洋服は見た目、着心地共に少々硬くなります。生地の色柄が違うだけで顔は全て同じ洋服。

本当にそれで良いのでしょうか? 本当にその洋服を心の底から良いと思って着用しているのでしょうか?

ハンドメイドパターンオーダーSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】は弊社専属職人の直井がパターンを手懸け、ハンドメイドファクトリーの職人が1着1着、1針1針丁寧に製作致します。故に着心地が非常に良く、着用者によって洋服の顔が違い、またマシンメイドでは味わえない洋服のオーラがございます。

本当に良いと思っているからこそ1人でも多くのお客様に袖を通して頂きたいと思っております。今までお召し頂いていた洋服との着心地の違いや手縫いの洋服の存在感に感動し、パラダイムシフトすると思います。

“品と質の頂点” のSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】を是非お試し下さいませ。

 

<Sartoria Sharon>トランクショーのご案内

 

牧野

お問い合わせはこちらから

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Koichiro Makino

BRANDS