JOURNAL ジャーナル

Sharon Staff - Sharon(シャロン)

Sartoria Sharon【サルトリア・シャロン】

こんにちは。

 

今回は、スタッフのSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】セ・ミズーラのスーツとジャケットが仕上がって参りましたのでご紹介させて頂きます。

皆様のオーダーの参考になれば幸いでございます。

 

まずは、春夏らしいコットンスーツ。

DSC06869

ウエイトは軽めの物を選択。この角度は特に手縫いの柔らかい雰囲気が確認出来ます。

DSC06870

コットン素材ですが、美しい光沢と発色が特徴の生地。

DSC06871

フロントのダブルステッチのパッカリングの風合いを楽しみたい。

DSC06872

こちらはベーシックなネイビースーツ。

DSC06865

ウールトロピカルの生地を使用し、盛夏でもさらりとお召し頂ける逸品。

DSC06866

少しハリがあり、柔らかすぎずシャリっとしております。

DSC06867

DSC06868

 

ここからはジャケット。

ライトブラウンのジャケット。

DSC06860

ウール、シルク、リネンの3者混。シルクの光沢感とリネンの清涼感が絶妙な風合いを醸し出します。

DSC06861

非常に柔らかい生地の為、袖イセのギャザーが多く入ります。

DSC06862

パターンオーダーとは思えない背中の美しさ。弊社専属職人がパターンを引き、最高峰の職人がフルハンドで作り上げる逸品。着心地の良さは格別です。

DSC06863

爽やかなサックス×ホワイトのシアサッカージャケット。

DSC06855

大人の休日には1着欲しいサッカー地。生地表面に凹凸があり、肌の接着面積が少ない事から清涼感を感じます。

DSC06856

リネンパンツやコットンパンツ。スリッポンなどに合わせて頂きたいジャケットです。

DSC06857

シワになりにくいというメリットもございますので、旅行やリゾートにもお勧めです。

DSC06858

 

納期は約2ヶ月となり、ダブルスーツやジャケットのオーダーも承っております。

ゲージは42から52までご用意していますので、ご興味のある方は是非一度袖を通してみて下さい。

 

情熱を持って作り上げたSartoria Sharon【サルトリア・シャロン】セ・ミズーラ。何度も何度もサンプルを作り上げ、やっとスタッフ全員が納得出来るものが出来上がりました。本当にどのサルト物にも引けを取らない最高の完成度です。

牧野

 

お問い合わせはこちらから

Sharon Staff / シャロン スタッフ
シャロンスタッフのブログです。日々のリアルな情報や出来事をご紹介します。

Sho Danzaki
Koichiro Makino

BRANDS