JOURNAL ジャーナル

Think elegant! - Sharon(シャロン)

目的(理由)があるものは美しい

こんにちは!
ちょっとご無沙汰してしまいました、rm55です。

本日は、「目的(理由)があるものは美しい」と言うテーマでお送りしたいと思います。

先日、とある分野に精通していらっしゃる大学教授の方の講演を拝聴する機会があったのですが、その方が仰っていた言葉がとても印象的でした。

『私はデザイナーが作ったものは好きではないのだけれど、職人が作ったものは好き』

と、そんなお言葉でした。その理由は、

『デザイナーはデザインありきでデザインを起こす人が多いので、デザインに無理が生じることがある一方、職人はその製造・生産工程を前提としたデザインを起こすために製造技術が生かされたデザインとなり、結果的にデザインに無理がでない。』

そんな趣旨の内容だったと思います。

実際にとある日本の伝統的なモノを例にして、デザイナーが作ったものと職人が作ったものとを見比べてみたのですが、素人の私であっても「なるほど!」と理解できるくらいの“違い”がございました。

もちろん語弊のないように補足しておきますと、その教授は決してデザイナー批判をしたいわけではないですし、デザイナーの方でも製造・生産工程を熟知した上で、その生産技術を生かした無理のないデザインをされる方も存在する旨、お話されていらっしゃいました。

このお話をそのまま洋服、とりわけメンズファッションの代表的なアイテムであるスーツに当てはめて考えて良いのかどうかは分かり兼ねますが、個人的には「当てはめてみた」としてもしっくりくる気が致しました。

職人技術と言うのは一般的には1代で出来上がる物ではなく、先人の知恵と経験が詰まって、何代も引き継がれていくものですよね。そして、その技術はそうすべき理由、つまり目的があるからしっかりと後世に引き継がれているのであり、必ず意味があるわけです。

職人が起こしたデザインの裏側には、製造・生産工程における制約があり、そうなる目的や理由が必ず存在する。そして個人的には、

「目的(理由)があるものは美しい」

と思うわけであります。

先人の汗と苦労の結晶である技術的基礎の上に、その職人ならではの美意識やその方の技術的制約を踏まえて成り立っているのが、ス・ミズーラ(ビスポーク)のスーツなのではないかと思います。

私が手縫いのスーツやジャケットに惹かれる理由。それはステッチの美しさとかイセ込の量の多さとか、それこそ手縫いだからと言うよりも、もしかしたら「目的や制約の上に存在しているからこそ持ちうる美しさ」に魅力を感じているのかもしれない、そんな風に感じたのでした。

さて、皆さんはどのようにお考えになられますか!?

BRANDS