JOURNAL ジャーナル

Think elegant! - Sharon(シャロン)

人に学ぶ

こんにちは!
rm55です。

少しご挨拶が遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!

本年も緩やかではございますが、本JOURNALのタイトルでもある「エレガントについて考える!」と言うことで、皆さまとともにエレガントの本質!?に迫ってまいりたいと思います。

さて、2017年最初のテーマは「人に学ぶ」。

シャロンさんでは、既に告知が出ております通り、来月頭の2月3日(金)・4日(土)・5日(日)の3日間、ナポリのサルトリアSARTORIA SOLITO<サルトリア・ソリート>のオーダー会を開催する予定です。

早くもシャロンさんに来るのは「はじめて!」と言う方をも含め、続々と日程の予約が舞い込んでいるとのことですので、今回のオーダーも前回同様にかなり盛り上がりそうです。

ところで、ソリートのオーダー会と言えば、私もその第1回オーダー会に参加させて頂き、ダブルブレステッドのスーツを1着ながら、仕立てて頂いております。今回のオーダー会では、その仮縫いがございますのでとても楽しみにしているわけですが、前回のオーダー会の際にルイジ・ソリート氏とお話させて頂いたことが今でも頭に残っています。

私の個人ブログの記事でも少し触れておりましたが、エレガントな装いにおいて最も重要なのは、素材や仕立て、着こなしと言った表層的なものではなく、それを着る「人」そのもの。つまり、人間性(内面)がとても大切だ、と言うことをルイージ氏が仰っていたわけです。

では、そのため(自分の人間性を成長させる)にはどうするのか!?と言うことなのですが、これまた「なるほどな」と言うことで、「自分がエレガントだと思う人と接することで学ぶ」と言った趣旨のお話でした。

そうです、正に“人に学ぶ”と言うことなのです。

「類は友を呼ぶ」と言うことわざがありますよね。気の合う人や似通った者同士は、自然と集まってきて仲間を作るものであると言う意味ですが、今は似通っていなくとも、憧れや、こういう人になりたい!と思う方と接し続けることで、自然と近しい思考や思想を持つようになり、その結果、振る舞いや装いと言った外見的な雰囲気も似てくるのではないかと思っています。

私は仕事上でお付き合いをする方や親しい友人の中には、残念ながら同じような服(スタイル)を好きな方がいないのですが、BlogやInstagramを始め、またSharonさんに通い続けている中で、共通の趣味、感性を持ちつつ、素敵な大人だなぁと魅力的に感じる方々と幸運にも出会う事が出来ました。

今年はそう言った方々との交流を通して、自分の人間性、内面に少しでも磨きをかけて、エレガントな大人に1歩でも近づければ!と考えております。

それでは最後になりましたが、皆さま、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2017年1月吉日
rm55

BRANDS