JOURNAL ジャーナル

Think elegant!

目的(理由)があるものは美しい

こんにちは!
ちょっとご無沙汰してしまいました、rm55です。

本日は、「目的(理由)があるものは美しい」と言うテーマでお送りしたいと思います。

先日、とある分野に精通していらっしゃる大学教授の方の講演を拝聴する機会があったのですが、その方が仰っていた言葉がとても印象的でした。

『私はデザイナーが作ったものは好きではないのだけれど、職人が作ったものは好き』

と、そんなお言葉でした。その理由は、

『デザイナーはデザインありきでデザインを起こす人が多いので、デザインに無理が生じることがある一方、職人はその製造・生産工程を前提としたデザインを起こすために製造技術が生かされたデザインとなり、結果的にデザインに無理がでない。』

そんな趣旨の内容だったと思います。

実際にとある日本の伝統的なモノを例にして、デザイナーが作ったものと職人が作ったものとを見比べてみたのですが、素人の私であっても「なるほど!」と理解できるくらいの“違い”がございました。

もちろん語弊のないように補足しておきますと、その教授は決してデザイナー批判をしたいわけではないですし、デザイナーの方でも製造・生産工程を熟知した上で、その生産技術を生かした無理のないデザインをされる方も存在する旨、お話されていらっしゃいました。

このお話をそのまま洋服、とりわけメンズファッションの代表的なアイテムであるスーツに当てはめて考えて良いのかどうかは分かり兼ねますが、個人的には「当てはめてみた」としてもしっくりくる気が致しました。

職人技術と言うのは一般的には1代で出来上がる物ではなく、先人の知恵と経験が詰まって、何代も引き継がれていくものですよね。そして、その技術はそうすべき理由、つまり目的があるからしっかりと後世に引き継がれているのであり、必ず意味があるわけです。

職人が起こしたデザインの裏側には、製造・生産工程における制約があり、そうなる目的や理由が必ず存在する。そして個人的には、

「目的(理由)があるものは美しい」

と思うわけであります。

先人の汗と苦労の結晶である技術的基礎の上に、その職人ならではの美意識やその方の技術的制約を踏まえて成り立っているのが、ス・ミズーラ(ビスポーク)のスーツなのではないかと思います。

私が手縫いのスーツやジャケットに惹かれる理由。それはステッチの美しさとかイセ込の量の多さとか、それこそ手縫いだからと言うよりも、もしかしたら「目的や制約の上に存在しているからこそ持ちうる美しさ」に魅力を感じているのかもしれない、そんな風に感じたのでした。

さて、皆さんはどのようにお考えになられますか!?

人に学ぶ

こんにちは!
rm55です。

少しご挨拶が遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!

本年も緩やかではございますが、本JOURNALのタイトルでもある「エレガントについて考える!」と言うことで、皆さまとともにエレガントの本質!?に迫ってまいりたいと思います。

さて、2017年最初のテーマは「人に学ぶ」。

シャロンさんでは、既に告知が出ております通り、来月頭の2月3日(金)・4日(土)・5日(日)の3日間、ナポリのサルトリアSARTORIA SOLITO<サルトリア・ソリート>のオーダー会を開催する予定です。

早くもシャロンさんに来るのは「はじめて!」と言う方をも含め、続々と日程の予約が舞い込んでいるとのことですので、今回のオーダーも前回同様にかなり盛り上がりそうです。

ところで、ソリートのオーダー会と言えば、私もその第1回オーダー会に参加させて頂き、ダブルブレステッドのスーツを1着ながら、仕立てて頂いております。今回のオーダー会では、その仮縫いがございますのでとても楽しみにしているわけですが、前回のオーダー会の際にルイジ・ソリート氏とお話させて頂いたことが今でも頭に残っています。

私の個人ブログの記事でも少し触れておりましたが、エレガントな装いにおいて最も重要なのは、素材や仕立て、着こなしと言った表層的なものではなく、それを着る「人」そのもの。つまり、人間性(内面)がとても大切だ、と言うことをルイージ氏が仰っていたわけです。

では、そのため(自分の人間性を成長させる)にはどうするのか!?と言うことなのですが、これまた「なるほどな」と言うことで、「自分がエレガントだと思う人と接することで学ぶ」と言った趣旨のお話でした。

そうです、正に“人に学ぶ”と言うことなのです。

「類は友を呼ぶ」と言うことわざがありますよね。気の合う人や似通った者同士は、自然と集まってきて仲間を作るものであると言う意味ですが、今は似通っていなくとも、憧れや、こういう人になりたい!と思う方と接し続けることで、自然と近しい思考や思想を持つようになり、その結果、振る舞いや装いと言った外見的な雰囲気も似てくるのではないかと思っています。

私は仕事上でお付き合いをする方や親しい友人の中には、残念ながら同じような服(スタイル)を好きな方がいないのですが、BlogやInstagramを始め、またSharonさんに通い続けている中で、共通の趣味、感性を持ちつつ、素敵な大人だなぁと魅力的に感じる方々と幸運にも出会う事が出来ました。

今年はそう言った方々との交流を通して、自分の人間性、内面に少しでも磨きをかけて、エレガントな大人に1歩でも近づければ!と考えております。

それでは最後になりましたが、皆さま、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

2017年1月吉日
rm55

美の起源:アウトプット編

皆さま、こんにちは。
rm55です。

本日のテーマは「美の起源」のアウトプット編です。

前回は、インプットにこそ「美の起源」があるのではないか!?と言う主張をお届けしたのですが、今回は、いや、美とはアウトプットされる時に宿るものだ!と言う内容でお届けしたいと思います。

さて、本Blogの読者さまであれば、私がSharonさんにて取扱っている手縫いのアイテムに魅了され、スタイルとしても取り入れるべく、努力!?をしている様は既にお分かり頂いているかと思います。

そんな手縫いのアイテムの一番の魅力と言えば、やっぱり人の手によって縫われたことによる、独特の柔らかい風合いを挙げることが出来ます。

以前、大変興味深いお話を聞いた(のか読んだのかは失念しましたが・・・)ので、正確性は置いておいて、少しご紹介をしたいと思います。

ある服飾の学校にて「手縫いの課題」が出たそうです。

その課題には、大変技術力の高い日本人の生徒も取り組んでいたそうなのですが、講師の方がトップの出来栄えとして評価をしたのは、その日本人ではなく、外国の生徒が仕上げた作品だったそうです。

確かにその日本人の生徒が仕上げたものは、丁寧かつ、精緻な仕上げでとても美しく、次点としての評価だったようなのですが、唯一足りないものが“雰囲気”だったと言います。

丁寧かつ精緻に縫い上げること、美しく縫い上げることはとても重要な要素ですが、それはある意味ではマシン(ミシン)でも出来なくはないですよね。しかし、手縫いでしか表現出来ないことがあり、それこそ手縫いの本当の魅力なのだと、そのように解釈した記憶がございます。

また、以前Sharonさんの専属職人である直井茂明氏とお話していた際、直井氏が修業時代に、「とにかく早く縫いなさい」と言われていたと伺いました。

“意識”をして、一針一針丁寧に縫うのではなく、“無意識”下においても縫い上げられるようなスピード感で縫い上げるのだと。

人間は完全な存在ではないから、時に過ちを犯す場合がある。しかし、自然は法則の世界であるがために過りに落ちることがない。そして、そう言った法則の下に生み出された美と言うのは人間の生み出したものを超えることがある、と言うような趣旨の話をしたのは、宗教哲学者であり、民藝運動の創始者である柳宗悦です。

人間がその意識を離れて無意識化に至った時、それはある意味では自然の法則と一体となっている状況であり、その状況でアウトプットされるものには、意識下においては成しえないような、独特の風合いと美を宿すことになるのかもしれません。

美の起源はアウトプットにあり!?

なかなか興味深いお話です。エレガントさを追求したい私としましては、更に色々と突っ込んでみたいテーマの1つですね。

さて、皆さんはどのようにお考えになられますか!?

BRANDS